ECBラガルド総裁、ビットコインを投機的資産と見なす

ECB総裁、ビットコインは今後5年でデジタルユーロに

ECB(European Central Bank=欧州中央銀行)総裁のクリスティーヌ・ラガルド(Christine Lagarde)氏は、ロイターネクスト会議の講演の中で、ビットコイン(Bitcoin/BTC)を投資家心理に影響を与える投機的資産と見なしている。ラガルド氏のコメントは、国立銀行が発行したソブリンデジタル通貨の役割についての講演中に出されたもので、同氏は、デジタルユーロは今後5年間でかなりの可能性があると述べた。

メディアとのやり取りの中で、ビットコインの有利な投資オプションとしてのステータスの進化について質問された同氏は次のように答えた。

中央銀行のデジタル通貨よりもビットコインを好む人がなぜいるのか、それは純粋に投機的ですか?確かに、そうだと言えます。しかし、それは投資家心理学に関する興味深い実験です。

ビットコインにはもっと規制が必要

ECB総裁であるラガルド氏は、デジタル資産規制に関する多くの誇大宣伝にもかかわらず、前進する唯一の方法であり、明確な規制がより高い採用につながると考えている。

同氏は、規制が必要であり、これを適用して合意する必要があると述べ、エスケープがある場合は、そのエスケープが使用される。G-7 (※1)によって開始され、G-20 (※2)に移行。その後拡大されるかどうかにかかわらず、グローバルな協力と多国間行動が絶対に必要、FATF(Financial Action Task Force=金融活動作業部会)は明らかにその中で拡大した組織だと述べている。
(※1)G7とは、Group of Seven=フランス、アメリカ、イギリス、ドイツ、日本、イタリア、カナダの7つの主要な先進国を指す)
(※2)G7に参加する7カ国に加え、EU、ロシア、および新興国11カ国の計20カ国・地域からなるグループを指す。

ECBの優先事項リストに間違いなくデジタルユーロ

ラガルド氏はスピーチの中で、デジタルユーロ計画と、コミュニティから得た前向きな反応についても話している。実際に8000人以上がログインし、デジタルユーロに関するアンケートに寄せられた多くの質問に回答し、次の様に述べている。

私たちは先に進みます。非常に注意が必要であり、ヨーロッパの需要に対応する安全なシステムが必要な分野であるため、料金を請求していません。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。