ネクサスミューチュアル保険、分散型保険を集中型取引所に拡大

ネクサスミューチュアルが分散型保険を集中型取引所に拡大

既存保険に代わる分散型代替手段を提供するスタートアップ企業のNexusMutual(ネクサスミューチュアル)が、Coinbase、Binance、Kraken、Geminiなど、大手仮想通貨取引所のユーザーを対象にコミュニティベースのサービスを拡張している。

デジタルトークンを使用し、相互カバーの従来の考え方を刷新するNexusは、これまでハッキングや損失の影響を受けやすいDeFi(分散型ファイナンス)の爆発的な増加に対応する、DEX(分散型仮想通貨取引所)にのみ焦点を当てていた。一元化された取引所も半定期的にハッキングされている現実から、仮想通貨業界内の従来保険の補償範囲は依然として薄く、法外に高額だ。このような背景から、実際に多くの大規模取引所では、現在も基本的に保険基金で賄われている。

Nexusは別のアプローチを採用しており、場合によっては、取引所が保有する保険契約に依存するのではなく、ユーザー自身に保険を提供している。NexusMutualの創設者であるヒュー・カープ(Hugh Karp)氏は次のように語っている。

Coinbase、Binance、Kraken、Geminiなど、非常に強い需要があった製品から始め、集中型取引所をカバーするように拡大しています。

ただし、現段階で名指しされている各取引所、いずれもコメントに対してアクションを起こしてはいない。

NXMトークンの使用方法

Nexus Mutualは、「裁量的カバー」と呼ばれるものに対して完全分散化アプローチを採用している。

同社は、イギリスの裁量的相互の法的枠組みを採用。メンバーは請求を支払う契約上の義務を負わないという。これをデジタルNXMトークン(NXM)ホルダーのプールに適用する。これは、イーサリアムパブリックブロックチェーンを使用し、ファンドの比例所有権を追跡し、ガバナンスシステムを使用して請求の支払いを承認または拒否できる。カープ氏はこの件について、次のように語っている。

取引所に頼る必要はなく、Nexusに来て、補償を受け、うまくいけば業界の既存の問題点にコミュニティソリューションを提供できる。

例えば、取引所がハッキングされ、ユーザーが資金の10%以上を失った場合、もしくは引き出しが90日を超えて停止された場合、Nexusの集中型取引所カバーが請求に基づき支払う。

現在、エンドユーザーは、一元化された取引所が実施している保護を評価することは非常に難しい。新製品が発売されると、Nexus Mutualのリスク評価者は、最初に、NXMトークンをリスクに賭けてリスクを裏付けるかどうかを決定する必要がある。そこでNexusメンバーは、カバーを購入して顧客になり、リスク評価へ投票してクレームを評価する。特定のリスクに対してNXMトークンを賭けることでリスクを評価するなど、さまざまな役割を果せるというわけだ。

創設者自らが身をもって体験した自己管理の重要性

Nexusは、2016年半ばにイーサリアムコミュニティを揺るがしたDAOハッキング事件の後に出現した保険会社だ。

先月、Nexus創設者であるカープ氏の個人アカウントが標的型攻撃で乗っ取り被害に遭い、約800万ドルのトークンが失われた。皮肉にもこの際、初期のDeFi市場で追加のカバーが必要であることが強調さた。カープ氏はこれについてもコメントしており、次の様に語っている。

攻撃はかなり怖く、これまで考えていたよりも、自己管理の基準がはるかに高くなると思う。私たちはまだエコシステムの初期段階にあり、分散型の世界でFDIC (※1)が保証するウォレットに相当するものを手に入れる必要があります。

(※1)FDICとは、Federal Deposit Insurance Corporation=アメリカ邦預金保険公社のことで、世界恐慌で大量の銀行が破綻したことを受け、1933年に設立された、アメリカ合衆国政府の公社のこと。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。