中国版Google「Baidu」、ブロックチェーンのβ版公開

中国版Google「Baidu」、ブロックチェーンのβ版公開

中国の大手検索エンジンを提供するBaidu(百度)は6日、ブロックチェーンを活用したオープンネットワークのパブリックベータ版をリリースした。今回、発表されたブロックチェーンは「Xuperchain」と呼ばれ、ユーザーはブロックチェーンを3月まで1人民元(約15円)という低価格で活用することが可能、ブロックチェーンアプリケーションを展開するなどの活用方法がある。

アプリケーションの活用以外にも、スマートコントラクトの基盤構築やブロックチェーン nに関連する機能を構築することが可能だ。また、ホワイトペーパーによると、Xuperchainネットワークは一連の複数マスターノードによって実行・運用されるようだ。

Xuperchainは、Baiduが発表していたBaaS(Blockchain-as-a-Service)を使用して構築され、開発者や企業らがプラットフォームを構築する際、一からブロックチェーンを構築する必要はなく、開発コストも安価となるため多くのユーザーの参入が期待される。

Xuperchainのコードは既に、2018年5月からオープンソースの状態となっており、現時点で350万を超えるユーザーが利用。さらには4億5000万以上の取引を処理している。

昨今、ブロックチェーンを推奨する中国は、ビットコインなどの仮想通貨に対して規制の線引きをはっきりとしている。しかしBaiduは、ブロックチェーン企業に対する中国の規制要項をに完全に満たしていると主張している。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。