ドイツ政府、紙ベースの証明書からデジタル証券の合法化へ

ドイツ政府がデジタル証券合法化へ

ドイツ政府は、国のより広範なブロックチェーン戦略の一環として、全電子証券を導入するための新しい法律を可決したことを大手メディアのロイターが報じた

12月16日付のロイターが報じた内容によると、ドイツ財務省による新たな法律は、これまで証券発行者と保有者に対し、紙の証明書で取引を文書化することを強制する規則を緩和するとしている。今回の新しい法律を称賛しているのは、ドイツのオラフ・ショルツ(Olaf Scholz)財務相であり、従来の紙ベースの証券に対する電子証券の費用対効果を指摘しながら、次のように語っている。

紙の証明書は懐かしい思いから、大切に思う人もいるかもしれません。しかし、電子証券はコストと管理上の負担を削減することから、将来はその電子版に属します。

新しい法律では、紙ベースの証明書は中央証券保管機関のエントリーまたは民間銀行が保管する登録簿に置き換えられるようになった。ブロックチェーン技術に基づく仮想通貨証券レジスターへのエントリーも可能とのことだ。

ショルツ財務相の意見を反映しているのは、ドイツの法務大臣クリスティーネ・ランブレヒト(Christine Lambrecht)法務大臣で、ブロックチェーンの使用を通じて金融市場のデジタル化が加速することへの自信を表明し、次のように述べている。

ドイツの金融センターにとり、これらの技術の革新的な可能性を大幅に拡大する。法律は法的な明確さを提供し、新技術の可能性を高めます。

ブロックチェーンテクノロジーは、トランザクション上のすべてのデータが暗号化された形式で保存される一種のデジタル台帳である。高度な透明性を提供するすべてのユーザーに開放されている。この技術は偽造防止の目的とみなされており、すべてのユーザーがデータベースのコピーを管理しているため、気付かれずにデータベースを改ざんや操作することは理論的に不可能と言われている。

ドイツ財務省とBaFin Bundesanstalt für Finanzdienstleistungsaufsicht=ドイツ連邦金融監督所は主要先進国の中でもかなり進んでいる印象だ。ドイツの電子証券に対する段階的なアプローチは慎重に見えるものの、すでに電子証券を許可している他のヨーロッパ諸国よりも進んでいるようだ。近隣諸国のフランスでは2年間、ブロックチェーンベースの証券取引を許可しており、既存の証券決済システムを使用しない非上場証券にのみ適用されている。

ドイツの証券取引所ベールゼ・シュトゥットガルト・デジタル取引所(BSDEX)などが今後、セキュリティトークンの取り扱いを計画するなど、官民どちらも活発な動きを見せ始めている。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!