イーサリアム2.0、わずか9時間でデポジットコントラクトを達成

ETH2.0の開始が12月1日に確定!

イーサリアムの現在のプルーフオブワークブロックチェーンのプルーフオブステークの続編であるイーサリアム2.0が、12月1日の発売目標を達成しないのではないかという懸念が浮上したものの、残りわずか9時間で、イーサリアム(Ethereum)2.0のステーキング(デポジットコントラクト)が524,288ETHのしきい値に達した。これによって、12月1日のETH2.0のビーコンチェーン(Beacon Chain)の起源をロックした。なお、今回のステーキングは、約336億円相当に達している。

Launch Padより画像引用

イーサリアム2.0は、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)ブロックチェーンを起動させるには、11月24日までに合計524,288ETHをステークには少なくとも16,384個のバリデータを必要としていた。

ETH 2.0のビーコンチェーンの生成は、11月4日に公開されて以来、16,384のバリデータからイーサリアム2.0のデポジットコントラクト(※1)に524,288ETHが転送された後の12月1日に確認された。
※デポジットコントラクトとは、イーサリアム2.0にて、イーサリアムをステーキング(預金)するための機能をいう。

ジェネシスのデポジットは、11月24日午後12時(12月1日7日前)にロックインされる。

開発者のアフリ・ショードン(Afri Shoedon)氏によると、11月4日午後3時(UTC:日本時間11月5日0時)に公開されたデポジットコントラクトは、一般ユーザーに向けたイーサリアム2.0の最初の物理的な実装となる。

イーサリアム(ETH)、2018年以来となる500ドルに上昇

2020.11.20

低いステーク参加に起因する初期の懸念にもかかわらず、ステーキングへの転送は過去1日間で急速に増加し、過去14時間で200,000ETH以上が契約へ送信されている。ETH 2.0のビーコンチェーン生成は、12月1日の可能な限り早い開始日に行われるように設定されており、必要な預金契約のしきい値に達してから7日後に発生が行われる。

ジェネシスの参加者は、ETH 2.0がフェーズ1.5に達するまでコインを引き出すことができない。これによって、イーサリアムのメインネットがETH 2.0のビーコンチェーンとシャード環境に統合される。多くのイーサリアム保有者は、出口詐欺の潜在的なリスクにさらされるにも関わらず、サードパーティが引き出し対応のステーキングサービスを開始するのを待っている。

なお、今回預金契約のしきい値に達したのは、締め切りまであと約9時間で満たされ。12月1日に発売が決定している。

ステーキングはETH価格へも大きく影響

今回ステーキング(預金契約)された336億円相当のイーサリアム(Ethereum/ETH)は、先にも述べたが、イーサリアム2.0フェイズ2ETH1へのブリッジが可能になるまで引き出すことはできない。

今回の計画は、ブロックチェーンベースのアプリケーション、特に分散型金融に関連するアプリケーションへの関心が高まっているときに、イーサリアムがより多くのトランザクションを迅速に処理できるように拡張できるようにする必要があった。

CoinMarketCap より画像引用

また、今回の件にETH価格へも影響を与えており、CoinMarketCapによると、11月24日13:30時点で、1ETH=64,377.76円、24時間で7.93%、1週間で33.38%値上りしており、2018年以来の最高水準にまで到達している。なお、公開時点で、16,478人のバリデーターから527,424ETHが賭けられている。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!