イーサリアム2.0デポジットコントラクト、今年中に公開予定=ConsenSys開発者

ETH2.0ステーキングは今年中にも公開予定

イーサリアム2.0の開発者は、プロトコルデポジットコントラクトが数日でリリースされ、ETH2.0のステーキングが今年中にも公開されると予測している。

V1.0.0 release candidate 0」の発売を発表したブログで、ConsenSys(コンセンシス)の開発者であるベン・エジントン(Ben Edgington)氏は、プロトコルの預金契約アドレス機能を今週発表する計画があり、デポジットコントラクト(※以下、デポジットと表記)テストが順調に進んでいることを明らかにした。

デポジット契約により、ETHをイーサリアムとETH 2.0の間で送信できるものだとブログで述べているが、これはETH2.0フェーズ0の展開を容易にするために必要な数少ない更新で、フェーズ1で実装するシャドーチェーンの実装まではステーキング報酬も引き出せない。

私が理解しているように、私たちは行ってもいい。数日以内に預金契約を結ぶ。ビーコンチェーンの発生は6〜8週間後です。

エジントン氏はこのように述べたが、PegaSysエンジニアリンググループの開発者は、同氏の予測が公式声明ではないこと強調した。また、同氏も“これは公式声明ではありません!”とブログにも書いており、続けて、多くの偽の預金契約とLaunchpadフロントエンドが数日中に噴火する。公式発表に注意してください。ETHをランダムな契約に送らないでください。これはDeFiではありませんと警告も記載している。

フェーズ0の起動を完了させるには、ビーコンチェーンが稼働した後、ステーキングのために500,000ETHをロックしなければならない。その後、ネットワークの準備に時間をかけるため、少なくとも1週間はジェネシス遅延が続くと言われている。

エジントン氏によると、新しいリリースはサービス拒否攻撃に対してイーサリアムを強化するほか、発生遅延とペナルティ料金は4倍を実装すると語っている。これは、問題が発生した場合、スタッカーに自信を与えるための一時的な措置とのことで、スラッシュされた場合の基本ペナルティはわずか0.25ETHだと述べている。

9月末のSpadinaテストネットワークでの“わずかにでこぼこした”創世記「ドレスリハーサル」、および現在Medallaテストネットでの“非常に低い参加”に対応して、ペナルティが引き上げられているという。テストネットへの参加が少ないにもかかわらず、エジントン氏は、ネットワークがフェーズ0に移行する準備ができていると固く信じているようだ。

人々はテストネストに少し飽きてきていると思う。先に進む時が来ました。フェーズ0をできるだけ早く開始する必要があります。

エジントン氏の投稿は、先週のZinkenテストネットでのトライアルが成功した後のもので、SetProtocolのアンソニー・サッサノ(Anthony Sassano)氏はETH2フェーズ0メインネットの発売日を最終的に設定する前の最後から2番目のドレスリハーサルテストネットであると説明している。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!