DeFiトークンのポンプ&ダンプ詐欺計画が、チャット内容流出で発覚

チャット流出でDeFiトークン詐欺発覚

仮想通貨とツイッターを舞台に、約50人のインフルエンサーが、ポンプとダンプのスキームを組織化していたことがリークされた。「TheExperiment」と名付けられたこの作戦は、テレグラム上で議論が繰り広げられ、インフルエンサーらの発言やツイートに疑いを持たないDeFi投資家の裏で、利益を得るために謀議したインフルエンサーらによる手口を明らかにした。

私は彼に質問をすると、彼は私をブロックしました! しかし、真実が明らかにされてうれしいです! 彼のようないわゆる#Cryptoインフルエンサーは調査されるべきであり、誰も彼から信頼したりアドバイスを受けたりしてはなりません。

リークされたチャットのスクリーンショットによると、価値のない「$ Few」トークンを使用し、DeFi投資家を欺くための綿密な計画を立てていたことが発覚。少数のトークンが影響力のある人々に空中投下され、Twitterのフォロワーによってこれらのトークンが価値のあるものへと変貌をとげている。

TheExperimentの詐欺計画

TheExperiment計画では、新フラッシュモブを作成し、立ち上げやプロジェクトが牽引力を獲得すると、メンバーらは「空中投下」のトークンを売却して投資家を挑発して利益を上げる計画をしていたことが分かっている。Boxminingニュースレターによると、インフルエンサーはMEMEエアドロップを見逃した後、現在のDeFiの誇大広告を利用しようとしていたとのこと。

しかし、疑惑のスクリーンショットがソーシャルメディアで広まり始めると、これらの計画は崩壊したようで、ツイッターでは一部のユーザーが黙示録に怒って反応し、DeFiインフルエンサーの一部を“詐欺師”だと非難しはじめている。

公開されたプロッターの1人、Ethhub.ioの共同創設者であり、自称DeFi教育者と名乗るアンソニー・サッサノ(Anthony Sassano)氏は、この計画における彼の役割について謝罪した。スクリーンショットでは、サッサノ氏が仲間に「私たちは人を馬鹿にする必要がある」と言っているように見える。失敗した詐欺において、同氏の役割とコメントを丸く収めるため、冗談として投げかけようとしたことで非難されている。

ツイッターでサッサノ氏は謝罪と和解を込めた文調をツイートしており、以下のように謝罪の意を述べている。

一部の人にとっては、「冗談を言っていた」という言い訳は弱いものであり、なぜ人々がそれに懐疑的であるのかを完全に理解している。テキストベースのユーモアはまったく翻訳されず、非常に簡単に誤解される可能性があることを忘れることもあるが、今後はこのことをもっとよく認識します。誰かを捨てたり、だましたりするためにここにいるわけではない。

なお同氏は、常にNo.1になる事を目標に、EthereumとDeFiの導入を教育および拡大していくことを今後も望んでいるという。

サッサノ氏は、傷ついた画像を再構築しようとしたものの、一部のTwitterユーザーは懐疑的だと述べたほか、ユーザーの一人であるCrypto Detective氏は、この反省のショーについて特に楽観的には見ていないようだ。

尊敬を集めるのは難しいだろう、トップでヤムイモをシリングし、4.5kでセーフを宣伝し、今は「誰かにダンプする必要がある」。変更できることを願って、PRツイートは役に立たない、(今後は)あなたの次の行動を見る。

謝罪を申し出た後、Sassano氏はトークンを燃やしたと伝えられており、リークされたスクリーンショットで公開された別のインフルエンサーであるAlexMasmejも同様にトークンを燃やしたと報じられている。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!