クレイグ・ライト氏はBTC訴訟で略式判決を失い、裁判にかけられる

クレイグ・ライト氏がついに裁判へ

裁判所は、クライマン氏対クレイグ・ライト(Craig Wright)氏の最近の申し立てについて、93ページにわたる判決内容を発表した。ライト氏の略式判決を求める訴えは、同氏を訴訟から除外したことで完全に否定された。なお、この訴訟は2021年1月に裁判にかけられる予定だ。

クレイグ・ライト氏は、元ビジネスパートナーの財産との法的戦いに長きにわたって拘束されている。2018年、原告側である故・クライマン氏の遺族が、ライト氏が2人のビジネス取引で一緒に被ったビットコインと知的財産およそ10億ドル(約1,046億円)相当を不正に押収しようとしたと主張した訴えから始まっている。ライト氏は、自分が匿名のビットコインの製作者サトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)であると名乗り出ており、クライマン氏はビットコインの作成において極めて重要な役割を果たしたと述べているが、ライトは繰り返し虚偽の申し立てや弁明を繰り広げている。

ライト氏は事件を回避しようとしたものの、最近は主要事実に異議がないため、事件は破棄されたと主張する略式判決の申し立てを申請したが、フロリダ南部地区裁判所はこれに同意せず、100ページにも及ばない意見には多くの事実が残っていると述べ、申し立てを却下した。

アンダーソンキルのパートナーであるスティーブンパリーは、ツイッターのスレッドにて、いくつかの重要な要点を詳しく述べている。

それらの中で裁判所は、クライマン氏とライト氏がいつ両社のパートナーシップを終えたかに関して“本物の論争”があり、事件に関連する制限の法律は不明瞭のままであると述べている。ライト氏は、これが2011年に起こったと主張しているが、2013年のライト氏からクライマン氏へのメッセージは両者が“しばらくの間何かに取り組んできた”とのやりとりが見つかっている。裁判所は後に、ライト氏の訴訟によって資金が移転され、法的措置が取られるまでの期間が長くなり、法令に違反する可能性があると述べたため、クライマンの財産が緩和された可能性があると述べた。

ライトの主張はすべて拒否され、さらに手続き上のミスによってライト氏の状況が悪化した可能性があるとメディアが指摘している。ライト氏の弁護人は、議論を裏付けるために重要な事実についての返答声明または記録としての引用を提出していない。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!