UniswapのUNIプール、開始24時間で7億5000万ドルを獲得

Uniswap ETHプールが初日に7億5000万ドルを獲得

Uniswap ETHプールは、初日を迎え、初日の1日だけで7億5,000万ドル(約785億円)を獲得した。イーサリアムのガス料金(イーサリアムの取引手数料)はまだ非常に高いが、エアドロップが販売されているため、UNIの価格は安定している。

UniswapがネイティブUNIトークンと流動性マイニングの特典を発表してから最初の24時間で、4つのプールは7億5,000万ドルを超えた。UNIは現時点でDeFiは最もホットなものとして注目されており、ガス価格の急上昇を引き起こし、過去1日間のトランザクションに対して4桁のGwei(ガス)料金が発生した。9月1日より前に流動性を提供していた人々に対して急いで無料のUNIを要求する動きがみられ、4つの新しい流動性プールからトークンを獲得するために流動性を急いで預けたとみられている。

過去1日間で、これらの4つのプールは4分の3以上の100万ドルの流動性を獲得した。ETH / WBTCプールは、現時点で最も人気があり、全体の50%弱を含んでいる。他の3つのプール、ETH / DAI、ETH / USDC、およびETH / USDTは、平均でそれぞれ約1億7千万ドルとかなり均等に分割されていることが分かる。各プールは、流動性プロバイダー間で分割された週あたり583,333 UNIを受け取る。なお、発表によると、これらのプールは11月17日までトークンのマイニングを継続するとのことだ。

ガス代(ETH手数料)の準備

最新のDeFi狂乱は1日しか経っていないため、これらの手間のかかるトランザクション料金を回避したい場合、これらのプールにデポジットするのに最適なタイミングではないかもしれない。ただし、UNIを獲得するための残り日数が60日未満であることから、残りの時間はわずかとなっている。

実験として、BeInCryptoはこれらのプールの1つに預金をし、プロセスとガス料金を調査した。MetamaskをUniswap取引所に接続した後、ユーザーは、ステーブルコインの使用を許可する必要があり、今回はUSDTの使用を許可しなければならない。ガス料金は高額ではなかったものの、取引には数時間かかったと報告されている。

準備が整ったら、担保ペアを預けられる。今回の場合はETH / USDTで、10 ETHとガス料金15ドル(約1,570円)が必要だ。そして次に、流動性プロバイダーのトークンをプールに預けてみると、約15ドルのガス料金が発生していたとのこと。これが完了すると、UNIの獲得を開始できる。ちなみに、10 ETH / 3,860 USDTとすると、預金時の返品率は週あたり約28 UNIだ。

UNIボリュームと時価総額

BitInfoChartsによると、過去1日に何千人ものDeFiマイナーがこれを実行しており、平均ガス価格が12ドルに急上昇している。

無料のUNIエアドロップを受け取った多くの人がすでにそれらを販売している可能性が高いため、トークンの価格は最初のポンプの後も安定している。Uniswap.infoは、UNIの価格が報道された時点で3.25ドルで推移していると報告していた。

なお、Coingeckoによると、トークンの24時間ボリュームは約2億3,800万ドル(約250億円)で、時価総額は2億2,500万ドル(約235億円)に達した。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!