LocalBitcoins、新しいKYCルールを公開

LocalBitcoins、新しいKYCルールを公開

暗号通貨を売買するための一般的なP2Pプラットフォームは、新しいKYC(Know Your Customer)ルールを実装するようだ。プラットフォームユーザーは、必要な手順を完了するために10月1日まで時間があるという。

KYC / AML措置を強化する決定は、新しいフィンランドの法律に関連しており、会社は金融セクターの会社に適用される規則を遵守する必要がある。暗号通貨コミュニティは、LocalBitcoinsによって実装された新しいルールについてかなり懐疑的であり、多くのトレーダーは、プライバシーが損なわれることを懸念している。

KYCルールの詳細

新しい規則によると、年間取引量が1000ユーロ未満の場合、ユーザーは氏名、居住国、電子メールと電話番号を入力する必要がありボリュームが制限を超えると、プラットフォームオペレーターは完全なKYC手順を要求するとのことだ。これは、ユーザーがパスポートまたはその他のID文書を提出する必要があることを意味しており、新しいシステムには、取引量の制限が異なる4種類のアカウントがある。

以前のプラットフォームでは、ユーザーは安全かつ匿名でビットコインを売買できており、これは、ビットコインのおかげで部分的に厳しい状況で生き残ったベネズエラのような危機に瀕した国の人々にとって特に価値があった。

また8月末に、プラットフォームは要求された詳細を送信する時間を延長しており、それを行わないユーザーは、KYC手順に合格するまで取引できないとのことだ。

LocalBitcoinsの分散化に関する疑問

最近の開発により、LocalBitcoinsの分散化に関する疑問が提起されまており、「ユーザーの資金は常にウォレットに保存されているため、LocalBitcoinsは分散型取引所ではありませんでした」とHodlのHodlのMax Keidun氏はBitcoin Magazineのインタビューで述べている

このビューは、分散暗号通貨交換ビスクの開発者によって共有されており、彼は、プラットフォームは誰でも注文できるという点でのみ分散化されていると考えられると考えているようだ。

この記事のURLをコピーする