世界最大小売業「ウォルマート」がブロックチェーン活用の配送管理システムの特許申請

アメリカのアーカンソー州に本部を置く、世界最大のスーパーマーケットチェーン「ウォルマート」が、ブロックチェーンを活用した配送管理システムの特許を申請したことが分かった。

ウォルマートが特許申請した配送管理システム「配送指定装置とその方法」は、指定ロッカーに商品を配送し、購入者が取り出すまで保管するといった、ブロックチェーンが活用された管理システムだ。

ウォルマートはこれまでブロックチェーン技術を利用した様々な特許を申請している。
最近は食品サプライチェーンの追跡システムでIBMと提携をしている。

他にも医療品の追跡、消費者の再販マーケットプレース、仮想通貨を利用したエネルギー消費管理システムなど多くの特許を出願している。

ブロックチェーン技術が身近な存在になる日も近そうだ。

運営の見解

運営の椎木
このような実需に応用したブロックチェーン技術が出てくると、もっと市場が発展していきます。実際に東大の先生と先日お話しする機会があったのですが、ブロックチェーンの技術を使ったサービスのマーケットは、仮想通貨市場の何倍もあるとおっしゃっていました。
実際にその通りだと思います。これから大企業などが、ブロックチェーンの技術を応用してどんどん便利なサービスを展開していくと思います。そこに注目をして企業に投資をするのもありだとは思います。
あとは、自分がやっているビジネスに応用できないかを考えてもいいと思います。
この記事のURLをコピーする

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。