内モンゴル自治区と四川省のビットコインマイニングのハッシュレートが低下

四川地域で電力消費制限

中国の四川地域のマイニングファームが一時的な電力制限問題に直面し、ビットコインネットワークのハッシュレートは短期的な損失を被っているほか、内モンゴル自治区の仮想通貨マイニングのシャットダウンが発効し、ビットコインのハッシュレートが再び打撃を受けていることが分かった。

水力発電所を有する山岳地帯の1つである四川省が5月16日(日曜日)に通知を発行し、現在急増する電力需要に直面していることを理由に、自治区エネルギー消費デュアルコントロール緊急本部オフィスは地元のエネルギー集約型企業に対し、電力消費を制限するよう要求した。同通知は特段ビットコインマイニングファームを対象にしたものではないものの、当面は電力使用量を削減するため、四川省の「水力発電消費産業デモンストレーションゾーン」でのすべての操作を要求しているとのこと。

同地域は夏の雨季に過剰な水力発電を消費するのを助ける事を目的に、地方自治体主導で政府認可の場所でビットコインマイニングファームを運営してきたが、再度通知があるまで電力制限の影響を受けることになる。

仮想通貨マイニングシャットダウンは複数要因が

安価な水力発電が豊富でビットコインマイニングハブとして高く評価されている四川省では、雨は通常5月に始まり、6月から9月にかけて徐々にピークに達し、10月に乾季とみなされる。

国電網によると、5月の天候は例年よりも暑いことから、現在、一般市民からの電力需要が急増しているものの、雨量は比較的少なく、電力需給のバランスが崩れている。状況がいつ解決または改善されるか分からないものの、5月20日(木曜日)のチャイナタイムズの報道によると、地元のマイニングファーム経営者からの話として、5月25日以降に状況が改善される可能性があると報じている。

内モンゴル自治区の暗号通貨マイニングのシャットダウン

内モンゴルは中国で2番目に大きい石炭生産者であり、Bitinfochartsによると、ビットコインネットワークのハッシュレートは再び低下し、1週間前の過去最高から30%未満に下がっていることが分かった。

ハッシュレートの低下は、ビットコイン価格が55%の下落中に起こっている。中国人民銀行(PBoC)の副総裁である李白氏は先月、ボアオフォーラムでビットコインは代替投資であり、当局はそれを規制する方法を研究していると述べた。最大のネットワークを保護するために使用されるマイニングパワーの低下理由の一つとして、内モンゴルが今週発効する仮想通貨マイニングエンティティをシャットダウンしたことが考えられる。内モンゴル開発改革委員会からのこの指令は、すでに数カ月前に発行されており、同地域のマイナーは、すでにマイニング機器を他の地域に移している。

この地域の経済計画機関は、マイニング企業、マイナーが優遇税制と関税処理を受けるためのデータセンターになりすましていたる、マイニング活動を営む地主、および電力供給を違法に利用している人々を取り締まっている。内モンゴル北部地域は、仮想通貨マイニングのより包括的な報告を求めているという。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。