バハマで10月に中央銀行デジタル通貨「サンドドル」をローンチ予定

バハマで来月デジタル中央銀行を立ち上げ

バハマ中央銀行が来月、島全体に全国仮想通貨を投入する予定である。

バハマは、国家が支援する仮想通貨を全国展開する、世界で最初の国になることを目指しており、中央銀行が発行した仮想通貨を10月中に発売すると発表した。バハマ中央銀行のeSolutionsのアシスタントマネージャーであるチャオゼン・チェン(Chaozhen Chen)氏は大手メディアの取材に対し、「Sand Dollars(サンド・ドル)」と呼ばれるデジタル通貨は、列島国家内の離島間の金融包摂を促進することを目的としていると語った

これらのより離島に住む多くの住民は、デジタル決済インフラストラクチャーや銀行インフラストラクチャーにアクセスできません。私たちは、主権国家として必要なものに対する努力と解決策を本当にカスタマイズしなければなりませんでした。

2017年時点でのバハマの人口の約90%が携帯電話を使用していることから、Sand Dollars送金は携帯電話で行えると明かした。

チェン氏は、中央銀行のデジタル通貨(CBDC)はバハマドルと同じ規制の対象となり、マネーロンダリング(資金洗浄)防止と、仮想通貨を使用するためのアカウントの作成に関する顧客を保護する保護策を講じる予定であると述べた。

需要の拡大に応じて、新しいデジタルドルが作成される予定で、CBDCは、金融供給への潜在的な影響を緩和するため、バハマドルの退職と同時に発行される。バハマ中央銀行は、2018年6月にCBDCをパイロットする意向を最初に発表している。当時、バハマのKピーター・ターンクエスト(K Peter Turnquest)副首相兼財務相は、次のように語っている。

多くの人々、特に高齢者にとって交通手段が不便で費用がかかる島国として、私たちは金融サービスをデジタルで安全に提供する必要がある。

当初、多くの小さな島々では、商業銀行が縮小し、コミュニティから撤退し、島には銀行サービスがなくなったと捉えられていた。しかし、同国政府は昨年、トランザクションプロバイダーであるNZIA.ioおよびブロックチェーンソリューションを提供するシンガポールを拠点とするソフトウエア開発企業のZynesisと協力して「プロジェクトサンドダラー」のパイロット試用を開始。人口がそれぞれ7,314人のExuma島と17,224人のAbaco島と呼ばれる小さな島で試用実験が実施された。

各島のサンドドルはバハマドルに固定され、バハマドルは米ドルに固定されるとのこと。パイロット実験では48,000サンドドルしか発行されなかったものの、プロジェクトは成功したと評価されている。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!