ビットメイン、ナスダック上場のマイニング企業に1,800万ドルのBTCマイニングリグ販売

Bitmain が1,800万ドルのBTCマイニングリグ販売

世界一のマイニング機器提供企業として知られるBITMAIN社が、最近の出荷遅延問題にもかかわらず、同社主要製品の後押しし続けてており、今度はナスダックに上場する数少ない仮想通貨マイニング企業であるRiot Blockchainに、大規模なマイニングリグ(※仮想通貨をマイニングするための機材のこと)の販売を行っていたことが分かった。

8月24の発表で、両社は、「8,000 Bitmain Antminer S19 Pro」の1770万ドルのマイニングリグ購入契約に署名した。これには、2021年1月から注文が完了するまで毎月2,000ユニットの配送スケジュールが設定されているという。

Bitmainは今年の初めに「Antminer S19 Pro」を発売したばかりで、毎秒110TH/s(テラハッシュ)のハッシュレートとテラハッシュあたり最大29.5J(ジュール)の電力効率で、以前のマイナーモデルのテラハッシュあたりの電力効率のほぼ2倍だという。BitmainのNCSA地域のAntminerセールスディレクターであるアイリーン・ガオ(Irene Gao)氏は、この買収について次のように述べ、Antminer S19 Proが提供する“優れた電力効率”であると賞賛した。

私たちはライオットとの協力を継続し、拡大できることをうれしく思う。Bitmainは私たちの長年の友人であり、私たちは彼らが北米で強力なマイニング事業を構築するのを目撃し、支援した。「Antminer S19 Pro」は、現在利用可能な最先端のチップセットを搭載し、卓越した電力効率でハッシュレートの業界標準を再定義した。この新しい購入機器の助けにより、Riotは市場での主導的地位の拡大に役立ち、ビジネスビジョンを達成できると信じています。

同社は、新しいS19 Proが完全に導入されると、ハッシュレートの合計容量が毎秒約1.45EH/s (エクサハッシュ)になると予測していることを明らかにした。

調査会社のHurunは、2020年にグローバルユニコーン(10億ドル以上の価値がある企業)企業のリストを公開し、Bitmainの評価が大幅に急落したことを指摘している。昨年、同社は120億ドルの評価を発表したが、それ以降は40億ドルに落ち込んでおり、Hurun氏によると、Bitmainが落ちた理由の1つとして考えられるのは、ライバルのCanaanIPO後の平凡なパフォーマンではないかと語っている。

8月6日、Bitmainは彼らが2020年6月と7月のAntminer注文を「会社の運営・業務への外部干渉」のために少なくとも2~3カ月遅らせると発表したばかりだ。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!