ウィンクルボス兄弟、次のビットコイン相場は「劇的に異なる」と発言

次のビットコイン相場を予想

双子の億万長者として知られる投資家であり、仮想通貨取引所Gemini創業者のキャメロン・ウィンクルボス(Cameron Winklevoss)氏が次のビットコインの強気の動きについて、“劇的に異なる”と語っている事が報じられた。

キャメロン氏は、次のビットコインの強気相場について次のように述べている。

次のビットコインの強気の動きは劇的に異なる。資本、人的資本、インフラストラクチャー、高品質のプロジェクトが2017年よりも飛躍的に増えている。言うまでもなく、すべてのフィアット体制が今後直面するインフレの非常に現実的な恐ろしさは言うまでもないことから、気を引締めよう

さまざまなデータポイントが、仮想通貨市場の投資家の保有する大幅な資本増加を示唆しており、主要仮想通貨取引所も規制の明確化を受け、市場のインフラストラクチャー改善をしている。

ビットコイン市場への資本流入

(画像引用先:CoinMarketCap)

注目したい2つの指標では、最新のビットコイン集会にもっと多くのお金がかかわることを示しており、テザー(Tether/USDT)の時価総額が100億ドルを超えている。

(画像引用先:Grayscale公式Twitter)

次に、Grayscale InvestmentsによるAUM(資産運用残高)は最近、新しい高値を記録している。これまでテザーは、仮想通貨市場における最大のステーブルコインであり、投資家、特に規制の不透明な国や地域では、仮想通貨取引はステーブルコインに依存している。このような背景から、テザーの時価総額の急上昇は、より多くのお金が仮想通貨取引きへと展開するのを待っていることを示している可能性がある。

グレイスケールの暗号資産信託は、仮想通貨へのエクスポージャー(リスク管理)を得るために機関が最も広く利用している投資手段であることは間違いなく、前四半期内にグレースケールで管理されている資産は、過去最高の51億ドルに達している。

グレースケールのバリー・シルバート(Barry Silbert)CEO(最高経営責任者)はTwitterで、次のように述べている。

2013年、誰もがビットコイン投資ファンドの立ち上げに夢中だと思っていましたが、今、私たちを見てください…

テザーの時価総額とグレイスケール管理下で急増する資産の合流点、それはやはり、機関や小売業者が保有する資本が大幅に増加し続けていることを示している。

市場インフラは現在も改善中

2020年、米国の取引所と銀行は、仮想通貨関連規制明確化を実施した。OCC(米国通貨監督庁)により、銀行が仮想通貨保管サービスを提供・運用できるようにし、米国金融機関は仮想通貨市場に参加することに乗り気である。

JPモルガンは米国最大の仮想通貨取引所のGeminiとCoinbaseをクライアントとして受け入れた。これによって取引所とユーザーに影響を与える緊張した銀行関係の恐怖は納まったとみられる。

米国の規制当局や主要銀行は、主流資産クラスの認識を改善する可能性があり、ビットコインが強気市場に近づいた場合、業界全体で改善された感情がBTCの採用とその価値に利益をもたらす可能性があることを意味している。

スタートアップ企業のユースケース

ビットコイン市場と仮想通貨市場の両プロジェクトと企業の品質は向上しているようだ。その背景には、規制の明確化が進んだことや、従来企業の多くが仮想通貨関連企業との協力をいとわなくなった事に起因している。

例えば、ビットコインライトニングのスタートアップZapはVisaと協力し、Fintech Fast Track Programに参加したことで、Zapはパートナーシップの一部としてVisaカードが発行できる。

Zapのジャック・マラーズ(Jack Mallers)CEOは「今後12カ月以内にリリースすることが契約上義務付けられているため、数カ月以内にリリースする予定だ。」と語っている。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!