ポルカドット(Polkadot)が、プライベートセールで4300万ドルを資金調達

ポルカドット(が4,300万ドルの資金調達に成功

ポルカドットトークン(Polkadot Token/DOT)の2回目のプライベートセールで、Web3 FoundationとParity Technologiesはプレス時に推定4,330万ドル(約45億7,000万円)相当、3,982.07BTCを獲得したことが分かった。

CoinDeskと共有するビットコインアドレスでは、7月24日の5:22 UTC(日本時間の火曜、14:22)に1,059件のトランザクションが発生したことが確認されているが、セールのウェブサイトによると、トークンの提供は、アメリカや日本などの特定の地域ではトークンセールに参加できなかったという。Redditユーザーによると、DOTはトークンあたり125ドル(約13,000円)で販売されていたとのこと。さらに、Polkadotコミュニティは、「ネットワーク内でDOTを使用する場合のよりシンプルでスムーズなユーザーエクスペリエンス」のため、先週末のDOTトークンの最小サブユニットであるPlanckを改名することが投票により決定している。

Polkadot and Parity Technologiesの創設者であるギャビン・ウッド(Gavin Wood)氏は、7月26日のブログで、コミュニティは10,000,000,000 Planck、または元の古いDOTの100倍の「在庫分割」として定義される新しいDOTの額面を非常に支持しています」と述べています。具体的な数値として、投票された286万DOTのうち、247万DOT(86%)がこの分割に賛成票を投じた事を明かしており、1DOT=1,000,000,000,000(1兆)Plancksが、投票の結果を受け、1DOT=10兆円Plancksに決定している。

投票はDOTトークンの最小単位である「Plancks」を巡るもので、各トークンに2017年にセールされた当時そのままの額面を維持させるか、またはトークンの「シェア分割」を行い、1DOTトークンを10倍、100倍、1000倍に分割するかを選択した。これまでは「1DOT=1兆Plancks」と定められていたが、2週間に及ぶ投票の結果、コミュニティは、「1DOT=10兆Plancks」と10倍に分割することを決定。ユーザーエクスペリエンスの向上に期待が集まったと見られるという。Messariによれば、2017年の資金調達でPolkadotは1億4,500万ドル(約153億円)を調達。ネットワークの50%、当時1,000万DOTを販売している。(デノミネーション投票の結果、DOTトークンの数は増加している。)

Web3 Foundationでは、エコシステムのすべての人が今後の変化を確実に認識できるように働きかけ、エコシステムサービスプロバイダーと協力して、移行期間中の混乱を最小限に抑え、準備が必要な人々を支援するための技術支援とアドバイスを提供するとブログの中で述べている。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!