カルダノ、世界的な通信会社World Mobileとパートナーシップを提携

カルダノが世界的通信企業とパートナーシップ締結


Charles Hoskinson「Saturday Night Live
(※動画は全編英語にて放映されており、画面右下の「字幕」アイコンをクリック後、「設定」アイコンを開き、「字幕」⇒「自動翻訳」⇒「日本語訳」の順に設定することで、日本語の自動翻訳が表示されます。)

カルダノ(Cardano/ADA)プロジェクトを推進するカルダノ3機関の一つであるカルダノ財団が、世界中の人々にモバイルネットワークサービスを提供することを目的とする電気通信会社のWorld Mobileとのパートナーシップ締結を発表した。

カルダノブロックチェーンテクノロジーを支援する会社であるIOHKのチャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)CEO(最高経営責任者)は、カルダノの開発に関する最新のアップデートの中で以下のようにコメントしている。

“タンザニアで何か?はい、私たちはそこでメッシュネットワーク4Gを行っている電話会社World Mobileとパートナーシップを締結した。”

World Mobile社は資金を調達し、タンザニアで何らかのISPSを構築していると報じられている。カルダノの共同創設者は、彼らがしばらくの間、電気通信会社とパートナーをしていたとしても、彼らは最も早くパートナーシップを発表するだろうと語っている。

世界のモバイルネットワークプロバイダーWorld Mobileは、2018年に設立され、誰もがモバイルネットワークに接続してアクセスできる機会を提供することを目的としている。同社は、公正で安価なモバイルインターネットサービスを提供することを目標としているため、世界53の国や地域で安価な通話、テキスト、インターネット料金にてグローバルSIMカードを利用できるよう、サービス提供をしている。なお、World Mobileは、リモートコミュニティをオンラインにするのに役立つ、ネットワークインフラストラクチャーの能力を誇っている。

通信と輸送プロジェクトのためのカルダノ入札

ホスキンソン氏は、カルダノ氏がすでにエチオピアの城壁内で電気通信と輸送の契約を入札していると述べ、カルダノ財団も広大なアフリカ的見解で他の契約に署名することを検討しており、カルダノが最終的に契約の1つを持つことになると同氏は述べている。

最終的には、毎年数百件の取引にサービスを提供し、サービスを提供するすべての人が数百、数千、または数百万の人々をカルダノに連れていきます。

ホスキンソン氏は、次の5年間でカルダノとの連携を続けたいかと尋ねられた際、ブロックチェーンのインフラストラクチャー側での作業に関心があり、カルダノ技術の製品とプロジェクトを開発していることに非常関心を持っている。当初から、何十億もの人々に経済的アイデンティティを与えることを唯一の目的としてカルダノを構築したと結論付けている。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!