BSVを上場廃止したバイナンス、ビットコインSV最大のマイナーに

BSVを上場廃止したバイナンス、ビットコインSV最大のマイナーに

大手仮想通貨取引所バイナンスが、昨年4月に取引所からBitcoin SVの上場廃止を決定してから1年。同社が運営するマイニングプールBinance Poolは、BSVにとって最大のマイナーになっていたことが分かった。

引用先:Coin Dance「Latest Bitcoin SV Blocks by Mining Pool (today)

仮想通貨の調査・統計サービスを提供するCoin Danceによれば、Binance Poolは6月17日現在、最大のマイナーで、その割合はマイニングされたすべてのBSV(ビットコインSV)ブロックの25.69%にまで上っている。次いでマイニング獲得数の多いマイニングプールはHuobiで、全体の13.19%だ。

基準に満たずに上場廃止になったBSV

バイナンスは昨年4月、BSVの全取引ペアの上場を廃止させた。その理由として、プラットフォームにリストされているデジタル資産が「高水準の基準」を満たすことを定期的に調査したうえで保証しており、この自社基準を満たしていないとして上場を廃止

バイナンスCEOのCZジャオ・チャンポン(Changpeng Zhao:趙長鵬)氏は、BSVに開発当初から関わっていたクレイグ・ライト(Craig Wright)氏に対して嫌悪感を抱いているようだ。

「ライト氏は多くの仮想通貨ユーザーがすでに知っているように、今から4年前の2016年頃より、自分がビットコインの生みの親“サトシ・ナカモト”であると名乗り出ている人物で、その真偽は別として、さまざまな意味で現在も注目されている人物だ。」

そのライト氏が、ライトニングネットワークの普及を目指すため、「ライトニング聖火リレー」として実験が行われていたLightning Torchの主導者であり、Twitterユーザーのdoxxing Hodlnautに対して5000ドルの報奨金を発行したことに対してCZ氏は怒りを表明している。その結果、CZ氏は「クレイグ・ライトはサトシではありません。BSVの上場は廃止します!」とツイートし、実際に数日後、BinanceはBSVでの取引を提供しない(上場廃止)ことを2019年4月15日に発表した。

Binance がSBV最大マイナーになった理由について

仮想通貨に関連するツイートを発信するTwitterユーザーは、バイナンスがBSVをマイニングすることは、トークンを取引所に再上場させるための前触れではないかとツイートしている。

別のTwitterユーザー$Zhell氏は、CZ氏に直接尋ね、他の人々が自分のマイニングプールからBSVのマイニングをしているためであると主張。この主張がバイナンスがBSVマイニングによって2.5%のプール料金から利益を得ていると指摘。なお、17日17時時点のBSV価格は1BSV=18899.32円で時価総額ランキング6位(前日同時刻比0.59%)で取引されている。(CoinMarketCapより)

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!