カナダのビットコインATM、ステーブルコインが売買可能に

カナダのビットコインATM、ステーブルコインが売買可能に

カナダの大手仮想通貨ATMオペレーターであるInstacoin ATMは、同社が提供するビットコインATMネットワークにて、ステーブルコインの売買が可能になったことを発表した。売買が可能になったステーブルコインは全部で7通貨となる。

またユーザーは、ビットコインATMでテザーなどのステーブルコインをKYCを必要とせず、1日あたり最大約10,000カナダドル(約84万円)まで売買することが可能となる。  取り扱い対象のステーブルコインは、昨今、話題となっているテザー社のUSDTをはじめ、DAI (Multi-Collateral DAI)、SAI (Single-Collateral DAI)、 Tether (USDT)、USD Coin (USDC)、Paxos Standard (PAX)、TrueUSD (TUSD) 、Gemini Dollar (GUSD)の7通貨。

5分間に5億ドル相当のテザーが、仮想通貨市場に流入

2020.01.07

これらのステーブルコインは、米ドルや商品などに裏付けられた様々な種類を要しており、ユーザーにニーズに合わせたATMの使用を実現できる。そして今回のステーブルコインの追加について、同社のMichael Lo Verso CEOは次のように述べている。

「Instacoinには、世界でATMを介して売買できる最も安定したコインがあります。仮想通貨価格は1日で10〜20%変動する可能性があるため、現在、フィアットペッグステーブルコインは市場で最も人気のあるオプションであり、通常は米ドルに対して1:1で固定されています。」

実際に最も有名なステーブルコイン「USDT」の流動性は、仮想通貨の代名詞であるビットコインを上回っている。2018年からの市場の不安定によるステーブルコインは、仮想通貨市場にとって重要な存在となっているのだ。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。