中国 深セン証券取引所、ブロックチェーン関連企業50社に連動のインデックス立ち上げ

中国 深セン証券取引所、ブロックチェーン関連企業50社に連動のインデックス立ち上げ

中国の深セン証券取引所(SSE)は24日、ブロックチェーン関連企業50社に連動したインデックスを立ち上げたと発表した。インデックスの詳細は、ブロックチェーン関連企業の過去6カ月の平均時価総額をもとにランクづけされ、毎年6月と12月の2回更新される。

SSEは、株式市場データサイトTradingHoursによると3.12兆ドルの時価総額を確立し、中国本土で運営される2つの独立した証券取引所の1つである。規模については、アジアで4番目に大きい株式市場であり、世界でみても8番目に位置している。

またSSEは、実際のブロックチェーンを活用した企業を基にインデックスを作成するため、作成前に調査を実施するという。

米国ナスダックも仮想通貨やブロックチェーンに関連するインデックスを開始している。10月にナスダックは、仮想通貨情報プロバイダーCryptoindexを活用し、AIベースのCIX100インデックスを上場。9月には、金融セクターで活動するブロックチェーンテクノロジー企業の株式に関連したインデックスDefixを上場している。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。