ドイツの銀行にて「ビットコインの保管・販売」認可へ動き出す

ドイツの銀行にて「ビットコインの保管・販売」認可へ動き出す

2020年以降にドイツの銀行による仮想通貨の販売や保管などの認可が行われる可能性があり、ドイツの銀行に新しいビジネスエリアが開かれる可能性があるとのことだ。というのも、ドイツで新たにできた新マネーロンダリング法によると、ビットコインとその他の暗号通貨の販売と保管が仮想通貨取引所を通さずに、銀行が直接販売や保管が出来るというものである。

これまでは仮想通貨などの販売やカストディは従来の金融資産とは異なり、サードパーティである仮想通貨関連会社が行うことになっていた。すでに新たなマネーロンダリング法は連邦議会によって可決され承認を待っている状態であり、早くも来年から施行される可能性があるとの報道が出ている。コンサルティング会社DLCの責任者であるSven Hildebrandt氏は、次のように述べている。

「ドイツは仮想通貨天国になりつつあります。ドイツの議員は、仮想通貨の規制において先駆的な役割を果たしています。」

銀行協会のBdBは、新しい規制を歓迎しており、国内の投資家は外国のファンドではなく国内のファンドを介して仮想通貨に投資することができるというメリットがあるようだ。その一方で銀行よる積極的な仮想通貨の販売が恐れられており、銀行が顧客を積極的にターゲットにして仮想通貨を販売することにより大きなリスクのある資産を顧客に提供してしまう可能性があるとのこと。

また、これまでの債券などの場合、銀行はコストと主要な投資家情報について事前に顧客に通知する必要があったが、仮想通貨にはこれがないため利益のみに注視してしまい金融消費者保護を損なってしまうことも指摘されている。そういった意味でも監督当局は仮想通貨の補完に関するリスクを徹底的に調査していく必要があるだろう。

この記事のURLをコピーする