VISA、Mastercardが、フェイスブックの仮想通貨リブラへの「参加を再検討」

VISA、Mastercardが、フェイスブックの仮想通貨リブラへの「参加を再検討」

パートナー企業として参加しているVISA、Mastercardは、Facebookの仮想通貨Libraの運営元であるリブラ協会への参加を再検討していることがWall Street Journalの報道によって明らかになった。

リブラ協会への参加を再検討している2社は、仮想通貨リブラが米国および欧州の規制当局からの反発を受けていることが、再検討の要因だという。

Facebookおよび、リブラ協会が構想する独自仮想通貨の発行は、ますます難しい状況に陥っている。先月23日、VISAのCEOであるAlfred F. Kelly氏は決算会見にて、「リブラ協会へ参加する企業は、ひとつも決まっていない」と言及。リブラのホワイトペーパーが公開されている時点で、参加予定の企業は28社であった。

これまで私たちユーザーの理解では、ホワイトペーパーが発表された際に公表されていた28社は、既にリブラ協会へと参加していると考えていたが、前回と今回の報道によって、参加企業の内容事実が大きく異なっていたことが明らかになった。

さらには今年8月、参加するとされていた企業のうち3社が、リブラ協会およびリブラの独自仮想通貨の発行計画から手を引くことを検討していると報道された。この3社に関する情報や、実名は公開されていないものの、リブラへの不安感が高まり続けている状況だ。

フェイスブックの仮想通貨リブラ、パートナー企業3社へ「脱退」の可能性が浮上

2019.08.26

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。