イーサリアムのハードフォーク「イスタンブール」が実行後、テストネットが分裂

イーサリアムのハードフォーク「イスタンブール」が実行後、テストネットが分裂

EthereumテストネットワークRopstenは、システム全体のアップグレードイスタンブールのアクティブ化に続いて、2つの独立したチェーンに分岐した。この件に関して、イーサリアム財団のコミュニティマネージャーであるHudson Jameson氏は、「これがテストネットの目的です! これがすべて機能するまで、Ropstenは不安定になることに注意してください。」とツイートしている。

当初、ブロックの高さ6,485,846で10月2日にアクティブ化されると予想されていたイスタンブールは、UTCの9月30日午前3時40分に予定より2日早くリリースされた。

Jameson氏によると、この理由はブロックの確認時間が異常に速いためであり、通常、イーサリアムやテストネットワークRopstenのような作業実績ブロックチェーンのマイナーは、単一チェーンのスムーズな継続を保証するために、ソフトウェアを手動でアップグレードする必要がある。

またJameson氏によると、ハードフォークの時代には多くの開発者が油断しているため、Ropstenブロックチェーンの大多数のマイナーは最新のソフトウェアにアップグレードしていなかったために、アップグレードされたチェーンのマイニングと古いチェーンのマイニングの間でテストネットワークが分割されたようだ。

以前にもこの現象は起きていた

昨年10月、Ethereumの以前のシステム全体のアップグレードであるConstantinopleがアクティブ化された後、同様のイベントが発生しており、これにより、数時間続くRopstenネットワークでの一時的なチェーン分割が発生した。

Jameson氏は、これまでのところRopstenネットワークの問題は、イスタンブールのアップグレードコードの欠陥ではなく、マイナーの不十分なコミュニケーションの結果であるようだと話した。

そのため、この一時的なチェーンの分割が最終的にイーサリアムのメインネットワークでのイスタンブールのアクティブ化にどのように影響するかはまだわかっておらず、イーサリアムのコア開発者は、10月4日金曜日に電話でイスタンブールのテストネットのアクティベーションについて話し合う予定であるとのこと。

この記事のURLをコピーする