Facebook仮想通貨のリブラ協会、スイスで決済システムのライセンス取得へ 

Facebook仮想通貨のリブラ協会、スイスで決済システムのライセンス取得へ

2019年9月11日、スイスの金融当局であるFinancial Market Supervisory Authority(FINMA)の元で決済システムとしてのライセンスを取得すると、ジュネーブに本社を置くリブラ協会から発表があった。

FINMAのリブラへの対応

同日、FINMAはステーブルコインに対する扱い方を説明したガイドラインを発表。内容によれば、リブラ協会からスイスの監督法の下においてリブラプロジェクトの評価を求める要求を受け取ったことを確認したという。

これにより、FINMAはスイスの規制でどのように対処するのか、初めて示すことになった。スイスの法律に基づくステーブルコインの分類だが、スイスの金融市場規制は原則中立であることが前提とされ、監督法の下でFINMAはブロックチェーンベースのトークンとして既存のアプローチに従う扱いをするとした。

リブラプロジェクトの分類

FINMAは現時点で入手可能な情報に基づき、リブラプロジェクトの分類を以下のように示した。

  1. スイスでは金融市場のインフラ規制の対象となる。
    金融市場インフラストラクチャー法(FMIA)に基づき、FINMAから決済システムライセンスの取得が必要になる。
  2. スイスにおける決済システムの規制要件は、一般的な国際基準、特に金融市場インフラストラクチャの原則(PFMI)に基づく。これら要件はサイバーリスク管理にも適用される。
  3. スイスの決済システムは、自動的にマネーロンダリング防止法の対象となる。
    プロジェクトのエコシステム全体で最高水準の国際的なマネーロンダリング防止基準を確保する必要がある。リブラはマネーロンダリングリスクの高まりに免疫が必要とされる。
  4. FMIAの下では、決済システムのリスクを高めるすべての追加サービスは、それに対応する追加要件に従う必要がある。
    スイスの決済システムのリスクは全て「同じリスク、同じルール」という最大の条件に沿って適切な要件を課すことで対処できることを意味する。リブラは通常の決済システムサービスを明確に超えているため追加要件の対象となる。
  5. 追加要件は、資本配分、リスクの集中、流動性、リブラの準備金の管理に関連する。
  6. 追加要件は、金融市場での活動について認識される基準に基いており、プロジェクトの側面を反映する必要がある。
    銀行におけるリスクなら銀行の規制要件が適用され、銀行業とインフラ規制が組み合わさることでスイスの決済システムライセンスが許可される。

ライセンス取得の必要条件は、準備金の管理に関連する収益とリスクをリブラ協会が完全に負担することだという。

FATFトップ、「Facebook仮想通貨リブラを注意深く監視している」

2019.09.11
この記事のURLをコピーする