仮想通貨取引所ビットポイント、ハッキング被害を正式発表

仮想通貨取引所ビットポイント、ハッキング被害を正式発表

仮想通貨取引所Bitpoint(ビットポイント)は本日14:00頃、公式にて同取引所がハッキングされたことを発表した。発表された内容は、ハッキングに関する情報であり、「仮想通貨の不正流出に関するお知らせとお詫び(第一報)」として発表されている。

「当社において仮想通貨交換所における仮想通貨の不正な流出が判明いたしました。
現在、新規口座開設を含むサービスを全面的に停止するとともに、原因の究明、流出額の特定、被害の最小化等の対策を鋭意行っております。」

ハッキングに関する事前報道

国内の大手仮想通貨取引所であるBitpoint(ビットポイント)は12日、悪意ある何者かによって同プラットフォームに不正アクセスされ、資金が不正流出していると日経新聞が報じた。報道によると、ハッキングされた被害金額は数十億円とみられているようだ。

同取引所は本日6時30分から12:00までメンテナンスを実施することを急遽発表。「緊急メンテナンスのお知らせ」と題された最初の発表では、法定通貨の入出金および、仮想通貨の売買は通常通り行える状況であった。

お客様各位

日頃から、ビットポイントジャパンをご愛顧賜り厚く御礼申し上げます。
緊急のシステムメンテナンス作業を実施させていただきます。
お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
【メンテナンス時間】
2019年7月12日(金) 6:30 ~ 12:00〔予定〕
※作業の進捗状況により、メンテナンス終了時間が前後する可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

その後ビットポイントは同日、緊急メンテナンスのお知らせが発表された直後、「全サービス停止のお知らせ [第二報]」と題したお知らせを発表。2回目の内容は以下のサービスを緊急停止させている。

  • WEB取引サイト(ログイン不可・取引不可)
  • BITPoint MT4取引(ログイン可・取引不可)
  • API及びSmart APIサービス(ログイン不可・取引不可)
  • 店舗決済サービス(ログイン不可・取引不可)
  • BITPointWalletアプリ(ログイン不可・取引不可)
  • BITPointLITEアプリ(ログイン不可・取引不可)

「本日、6:30より送金(送付)、受金(預入)のサービスを停止させていただいておりましたが、10:30頃より取引及び送受金等を含む全サービスを停止させていただきます。」

今回の報道によるビットポイントからの公式発表はないものの、発表された緊急メンテナンスは異例の事態であり、最悪のケースを予測しておいたほうが良さそうだ。

仮想通貨取引所ビットポイント、ハッキング被害を正式発表

2019.07.12

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。