仮想通貨ビットコインが、1年2ヶ月ぶりとなる10,000ドルを突破

仮想通貨ビットコインが、1年2ヶ月ぶりとなる10,000ドルを突破

ビットコインの価格は2018年3月以来となる10,000ドルを突破した、現在も上昇を続けている。ビットコインの上昇および10,000ドルを突破したのは約1年2ヶ月ぶりとなる。

BTC価格は2018年12月に、2017年の仮想通貨バブルを探検した人々からは想像がつかないほど暴落し、最安値である3,200ドルまで下落。そこから急激な市場の成長によって価格が回復している状況である。

仮想通貨市場の成長もビットコイン価格に大きく関係しており、最近では世界的なSNSを提供するfacebook(フェイスブック)が今月18日、VISA、Mastercard、PayPal、Uberなどを含む27社と共同で、2020年上半期までに仮想通貨を発行すると発表。仮想通貨を知らない人々に対して、絶大な人効果となった。

フェイスブック、独自の仮想通貨を発表|Libraはステーブルコインのペイメント通貨に

2019.06.18

ビットコイン価格が9,700ドルを超え、2019年最高値を更新!10,000ドルは目前

2019.06.21

また、2017年末のビットコインなどの仮想通貨市場の急激な上昇要因ではないかと噂されている「テザー社のUSDT発行」が、今回もビットコインの10,000ドル突破の際に判明した。


今回のテザーのUSDT発行では1億USDT(1億ドル分)を新規発行したことが探知されており、今後のビットコインの上昇にはテザー社のUSDT発行の関係性が、上昇要因としてピックアップされていくかもしれない。

ビットコイン価格の上昇が、テザー社USDTの時価総額と関係するのか?

2019.06.12

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。