フェイスブック独自通貨がVISA、Mastercard、PayPal、Uberなどに協力依頼

フェイスブック独自通貨がVISA、Mastercard、PayPal、Uberなどに協力依頼

14日、ウォールストリートジャーナル紙は、独自のステーブルコインを開発中のフェイスブック社が、VISA、Mastercard、PayPal、Uberなどを含む12の企業に協力を依頼していると報告した。

ウォールストリートジャーナルによると、各企業は仮想通貨を管理するためのコンソーシアムに約1000万ドルを投資するという。

現在のところ、フェイスブック、VISA、Mastercard、PayPal、Uberはコメントを出していないが、これら企業が本格的に協力体制に入れば、既存の仮想通貨のいくつかは存在価値が無くなってしまうレベルだ。

フェイスブックは18日にイベントを開催し、そこでの正式発表が期待される。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。