Bakkt(バクト)、ビットコイン先物取引を「7月にテスト開始」|BTCの急激な上昇要因

Bakkt(バクト)、ビットコイン先物取引を「7月にテスト開始」|BTCの急激な上昇要因

米国を拠点に置くICE(インターコンチネンタル取引所:Intercontinental Exchange)が手がける先物取引を基盤としたプラットフォームBakkt(バクト)は13日、ビットコイン先物取引の公式リリースに向けて、ビットコイン先物取引のテストを7月に実施する予定であることを発表した

今回の発表に際してビットコイン(BTC)をはじめとする仮想通貨市場の価格は急上昇し、BTCについては現在、90万円を突破している。そしてバクトの今回の発表は、ビットコインの価格上昇につながっていることは間違えないであろう。

 

今回、明らかになったバクトのビットコイン先物取引のテストは13日、同社のCEOであるKelly Loeffler(ケリー・レフラー)氏によってプレスリリースが発表され、

「ビットコイン先物取引の開始についてお知らせいたします。CFTC(米商品先物取引委員会)と緊密に協力して、取引、透明性、市場の確実性に対する顧客のニーズを満たし、さらに連邦の規制にも準拠した契約を開発しました。」

また発表では、開始日について「今後数週間にわたって顧客と協力し、先物および親権のユーザー受け入れテスト(UAT)の準備を進めます。これは7月に開始される予定です。」と述べており、具体的な開始される日付などは明らかになっていない。

ですが公式発表では、日別で取引できる先物取引と、月別で先物取引を取引できる、2種類のビットコイン先物取引に関する書類をCFTCに提出しているようだ。

【速報】ビットコインが90万円に到達!勢いこのままに100万円突破なるか?

2019.05.14

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。