ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)は好調、一方でリップル(XRP)は悪夢を見るかもしれない

ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)は好調、一方でリップル(XRP)は悪夢を見るかもしれない

仮想通貨市場は本日10日、ビットコイン(BTC)が一週間で11.99%の上昇率を記録し、現時点の価格は685,862円で推移している。ビットコインの価格は好調に上昇しているが、その他の上位9位のアルトコインは、先週の好調がストップしている。

ビットコイン(BTC) ¥685,862 △11.99%
イーサリアム(ETH) ¥19,126.49 △7.5%
リップル(XRP) ¥33.05 ▼0.27%
ビッtコインキャッシュ(BCH) ¥31,925.82 △6.79%
ライトコイン(LTC) ¥8,401.26 △2.65%
イオス(EOS) ¥536.82 △0.13%
バイナンスコイン(BNB) ¥2,092.70 △0.5%
ステラ(XLM) ¥9.94 ▼0.1%
カルダノ(ADA) ¥6.89 ▼1.0%
トロン(TRON) ¥2.55 ▼0.39%

しかし、時価総額2位に位置するイーサリアム(ETH)については、他のアルトコインを大きく引き離す19,126.49円で、7.5%の上昇率を記録している。

その要因として先週7日頃、米国商品先物取引委員会(CFTC)の上級役員がニュースサイトCoinDeskに対して、「仮想通貨イーサリアムの先物取引を認可する可能性がある」ということを伝え、公式発表は行われていないものの、その情報が仮想通貨市場に急激に広まり、価格が上昇している。

もちろん基本的に、仮想通貨市場でETH建ての取引を使用する取引所が多いことから、ビットコイン同様の価格情処をすることは前提ではあるが、この情報は仮想通貨市場にとっては好影響である。

そしてイーサリアムに次ぐ仮想通貨リップル(XRP)は価格を上昇させるどころか、0.27%の下落率を記録している。

XRP/USDのチャート分析で見ると、0.30ドル(約32.89円)のサポートを下回っている。ここからXRPが下落し続けることが予想されている。

上昇のきっかけとある最も近いレジスタンスレベルは現在、0.31ドルおよび0.32ドルに設定されている。ここからさらに上昇するためには0.3366ドルを超えることで、0.3507ドル、0.3615ドルと0.3708ドルとレジスタンスレベルを引き上げることになりそうだ。

しかしその反面、2018年12月から2019年2月までの間にXRPは、0.30ドルから0.29ドルのラインでサポートされてきた。そして現在のXRPの価格は0.30まで下落している。このサポートラインを下回ることになれば、0.2811ドル、0.2650ドルまでの下落もあり得る。

現時点では、ビットコイン(BTC)以外のアルトコインについては印象に動いた方がいいかもしれない。

CFTCはイーサリアムの先物取引を検討か|ETHの価格は「11%上昇」

2019.05.07

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。