グーズキュー(GooseQueue/GQ)の特徴・詳細とは?

グーズキュー(GooseQueue/GQ)の特徴・詳細とは?

現在、世界経済で1、2位を争う大国である中国では、その広大な領土に物資を運ぶため大量のトラックを必要とし、それに伴う市場規模の拡大や地球温暖化への対策を考えなくてななりません。

これらの中国での「流通市場」は世界的なマーケットへと成長する可能性を秘めているにも関わらず、次のような物流に関する問題が上がっているのです。

  • 運搬に使用するトラック燃料
  • 運搬会社の連携不足による安全性の不安
  • 地球温暖化への影響
  • 物流に関する管理システム
  • 管理システムに伴う税金未払い

これらの客観な問題だけではなく、中国のトラックドライバーには様々な問題やこれからの課題が多く残っています。ある調査では、中国での貨物運搬が1日の平均有効燃費は300キロメートル以上、道路環境の不安定さから平均走行速度は60キロメートル以下なのです。

また、中国国内の物流市場は特殊であり、トラックの所有権とサービスの管理権を個人で所有している個人ドライバーが約70%であり、運搬のコストパフォーマンスに関する連携が取りずらい市場となっています。

さらに、ドライバーの68.21%が雇用環境に不満を抱いており、その理由として「高齢ドライバーの増加、ドライバー不足や休暇日数の少なさによる運転中の過労、原油価格の上昇によるドライバーへの給与削減など」いくつかの問題が積み重なり、物流市場は負のスパイラルに巻き込まれています。

これらの問題は中国だけではなく、世界各国が抱える問題であり、これから紹介するGooseQueueプロジェクトによって、物流の中心となっているトラックを使用した物流市場の完全はもちろん、地球温暖化への対応や、物流管理システムを改善することが可能となります。

 

グーズキュー(GooseQueue/GQ)の特徴・詳細

これから紹介するGQトークン・GooseQueueに関する記事は、ICOの購入催促の記事ではございません。ICOへの参加はご自身の適切な判断のもとお願い致します。

ブロックチェーン×物流市場

ブロックチェーンの特徴は、改ざんが不可能な匿名性の高い分散型の元帳です。GooseQueueプロジェクトはブロックチェーン技術を応用するのはもちろん、匿名化システムの導入や、スマートコントラクトによる情報とトークンの自然なエコシステムおよびプラットフォームを構築します。

ブロックチェーンに記録される内容は、ドライバーの運転プロセスの全軌跡を細かく安全に記録することで以下の問題を解決することとなります。

ブロックチェーン技術による運転プロセスの改善
  • データの損失
  • データの不正確さ
  • データの不正使用
  • 架空の請求
  • 請求書の転売
  • 入場チケットの紛失など

GooseQueueプロジェクトが提供する運搬システム

物流に特化したsimカード「Daluka」

GooseQueueプロジェクトは、中国企業China Unicomとの共同開発のよって「simカード」を提供し、ビッグデータとブロックチェーンを活用し、車の渋滞や消費燃料、中国物流を解決することができます。それだけではなく10.8億人民元物流税がかかる中国政府の税収にも貢献することも可能となります。

GooseQueueはビッグデータを取り扱うIT会社として、優秀なエンジニアを数百名規模で抱えており、株主には中国最大の人民元基金である「达晨」が名を連ねています。

すでに発表されている「simカード」の毎月の電話代は格安の300円であり、電話も掛け放題です。さらに、メインアプリケーションの利用パケット料金も無料と中国最高のコストパフォーマンスを実現します。

また、収益モデルにおいても契約数が1000万ユーザーを超えると純利益約50億円があがる見込みですが、6月からリリース予定のsimカードへ既に700万ユーザーの予約が殺到しているほどです。

最終的には、GooseQueueの認定を受けたハードウェアを通じて、運転中の状況で音声対話サービスの提供や、複数の生態学的利益、豊富なアプリケーションシナリオ、データの値をデータプロデューサーにフィードバックするシステム構築を目指しています。

ドライバーの安全性を確保する「匿名システム」

GooseQueueプロジェクトはブロックチェーンに頼った安全だけではなく、ユーザーデータに対して強力なプライバイシー保護を実施します。

ドライバーからのデータ処理のプロセスとして、データがアップロードされる前に暗号化されるようになっています。匿名性を確保するためにGooseQueueプロジェクトは、仮想通貨業界で証明されている匿名技術を導入し、権限のないメンバーにはGooseQueueプロジェクトの運営メンバーであっても、詳細の閲覧できないようになります。

そして大部分の運搬に関するビックデータが、これからのドライバーによって活用され、中国国内で蔓延している「請求書の転売」も改善され、税制の観点から見ても同国政府から強力な支援を得ることを可能にするようです。

「野生のガチョウ」からヒントを得た運搬システム

GooseQueueプロジェクトは、中国の道路を占拠するほど走っている運搬用トラックをスムーズに連携させるために、「野生のガチョウ」からヒントを得て、混雑を改善することを目指しています。

結論から説明すると、GooseQueueプロジェクトが開発するブロックチェーンを基にした「管理システム」とsimカード「Daluka」を開発することで、トラックドライバーがリアルタイムで情報を共有し、同じ方向に向かうトラックとの連携によって空気抵抗の削減や、走行車線の統一を実現することが可能となります。

このヒントとなった「野生のガチョウの移動」は、故郷のシベリアから中国南部に移動するために、何千キロもの長距離旅行を通って長い旅を行います。ガチョウは飛んでいる時に大人のガチョウを中心に傾斜した列で並んでおり、後者のガチョウの羽は前のガチョウの羽に頼ることで最低限の空気抵抗で飛行していることを発見しました。

この原理はガチョウだけでなく、地上においてもトラックなどの自動車でも活用することができます。これによってドライバーが運転する自動車の空気抵抗を減らし、それに伴い消費燃料の削減に繋がるのです。

ウェイクドラッグの原理

2台の自動車が前後に運転しているとき、後続の自動車が先行する自動車によって形成された真空ゾーンに入ると、後続の自動車の前後の圧力差が減少します。それに対応して、後続車の空気抵抗が減少し、これにより、スロットルが踏まれていなくても後続車を先行車に追従させることができるのです。

さらに、後部車が前部車の真空領域に入ると、それは車の前部における乱流場の形成にも影響を及ぼします。このように、2台以上の車が並んでいて、それらの空気抵抗は1台の車のそれよりはるかに低く、車の待ち行列全体の速度も、1台の車に比べて速くなります。

空気抵抗を減らす

貨物車両やバスなどの大型車両の場合、主流の表面と後端が大きいため、風の抵抗が主な抵抗要素です。異なる風速での風抵抗と摩擦抵抗の比較通常の道路状況や気象条件では、風抵抗をまったく考慮しないと、全体の抵抗は約25%減少し、対応する燃料消費量は減少します。

チーム運転では、前部車は後部車のための風抵抗を減らすことができるだけではありません。ウェイクエフェクトを通して車を「ドラッグ」することも可能です。

完全なデータ収集

運搬に携わるドライバーは月額19元(約300円)の料金を払うだけで、毎月の無料オンライン通話とGooseQueueプロジェクトが提供するネットワーク交通サービスを受けることができます。

また、物流関連のアプリや小規模なプログラムを集約し、トラックの全軌跡や車両の状態などの基本的なデータを取得し、政府機関、物流プラットフォームなど、パートナーにデータを配信するためにトラック運転手に優先サービスを提供できます。

野生のガチョウというアイディアが中国や世界各国の交通に関する道を切り開き、すべての物流トラックをつなぎ、迅速なオンラインでの社会活動、燃料の使用削減、鉱山採掘、その他の付加価値サービスを通じて、完全なデータ収集を実現が可能となります。

今後の3段階フェーズ

第1段階

初期段階では、simカードである「Dalka」を使用することで、ドライバーはいつでもトラック運転手のデータを活用することができます。

第2段階

第2段階のデータ収集では、SNS(ソーシャルネットワークサービス)を介してドライバー仲間で形成されるチームの車両のためのインスタントコミュニケーションを提供します。これは携帯電話や端末デバイスを使用してアプリをインストールすることで誰でも簡単に使用することができます。

第3段階

データ収集の第3段階は、自動車の高速近距離チーミングであり、この方法の燃料節約効果はより明白です。ガチョウの配列はホストの端末装置を通した5Gネットワ​​ークの下の両眼ADASの範囲そして高精度の位置合わせによって主に実現されます。

マイニングと高度な計算

ドライバーであるトラック運転手は、2つのコアモードを通してマイニングをすることができます。

このモードは、デバイスによって生成されたタイムスタンプとGPSスペーススタンプデータに基づいてマイニングが行われ、車載スマートデバイスまたは、モバイルアプリを使用して連続した軌跡データをアップロードし、マイニングが行われる仕組みとなっています。

連続トラックデータの累積アップロード数が多いほど、電力計算値は高くなります。

またマイニングに関する計算では、トラックがガチョウの配列である「共通チーム」の組織形態の際に、列の最前線に配置されているトラックとその後ろをついていくトラックで「風」影響が異なります。

そのため、列の最前線に配置されているヘッドカーの耐風性への寄与を記録し、ドライバーがリードする時間が長いほど、走行距離は長くなり、力率は高くなります。

取引所biger(ビガー)にてIEOが開催

4月11日、GooseQueueプロジェクトが発行する「GQトークン」が仮想通貨取引所biger(ビガー)にて、IEO(Initial Exchange Offering)による資金調達を開始する事も併せて発表されました。

IEOに参加するには仮想通貨取引所bigerへの登録、本人確認書類の提出が必要となります。

ユーザーは中国国家プロジェクトに参加でき、IEOに参加することによってプライベートセールの価格よりも安くトークンを購入出来ます。

  • 日程:2019年4月11日の21:00(UTC + 8)
  • トークン名:Goose Queue(GQ)
  • 総トークン:10,000,000,000 GQ
  • 第1期:2019年4月11日、21:00〜21:30(UTC + 8)
  • 第2期:2019年4月11日、21:45〜22:15(UTC + 8)
  • 第1期(販売価格):1USDT = 500GQ(金額:15,000,000GQ)
  • 第2期(販売価格):1USDT = 350GQ(金額:35,000,000GQ)

【仮想通貨取引所】biger(ビガー)の特徴・口座開設方法

2019.04.10

IEO(イニシャルエクスチェンジオファリング)とは?|仮想通貨の新しい資金調達はICOと何が違うのか

2019.03.17

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。