【仮想通貨取引所】biger(ビガー)の特徴・口座開設方法

【仮想通貨取引所】biger(ビガー)の特徴・口座開設方法

bigerの基本情報

  • 主な取り扱い通貨 : BTC・ETH・XRPをはじめとするUSDT建13種類
  • 取引手数料    : 0.1%
  • セキュリティ   : ★★★★☆

biger(ビガー)は2018年5月に設立された、香港に拠点を置く新興仮想通貨取引所です。
bigerは安全かつ透明性が高く、シンプルで使いやすい仮想通貨取引プラットフォームを提供しています。

またbigerのコアチームはMorgan Stanley、香港の証券取引所、Unionpayなど世界的に有名な企業からメンバーが集っており、幅広い取引プラットフォームの管理経験を持っています。
さらに有名な投資機関である、JRRとStar Venturesから戦略的投資も受けている今後に期待の仮想通貨取引所です。

biger(ビガー)取扱銘柄

現在bigerで取扱のある通貨はUSDT建てで13通貨となっています。
基軸通貨はUSDT、BTC、ETHの3通貨。
BTCをはじめとする、ETH、XRP、EOS、BCH、LTCなどの上位通貨はしっかりと取り揃えており、他にも有望な通貨が取引可能です。

biger(ビガー)の特徴

コア技術

bigerの取引プラットフォームは、毎秒数百万の注文の同時統合をサポートしており、基盤となるテクノロジーはすべての通貨取引をサポートし、独自の発行機能を提供しています。
さらにコールドウォレットストレージ、マルチシグネイチャーメカニズム、ブロックチェーンコールドウォレットなど仮想通貨を安全で効果的に保存して、ユーザー資産の完全なセキュリティを確保しています。

チェーン上の取引

bigerはステーション全体のトランザクションデータの巻き上げを実現し、パブリックブロックチェーンのクエリアドレスを開くとユーザーはリアルタイムでクエリを実行することが可能です。ワンクリックで購入・売却・コインの選択など直感的な機能が備わっています。

biger(ビガー)の口座開設方法

まずはbigerの公式サイトへ。
bigerの対応言語は「中国語」と「英語」のみです。言語設定を英語にして、Google自動翻訳で進めることを推奨します。

1,まずは「Create account」をクリックして、登録画面へ移行します。

2,登録画面が開いたら、下記の通り入力を進めてください。

アカウント作成

①タブを開いて、国コードを「+81Japan」に変更する。

②電話番号を入力する。頭の「0」を省いた番号を入力します。

③青文字のコードを取得するをクリックすると、パズル認証がポップアップするので、パズルを合わせます。
登録した電話番号の媒体にコードが送信されるので、記載のコードを入力。

④パスワードを入力。

⑤「同意する」チェック。

⑥「アカウントを作成する」をクリック。

以上でアカウント作成は完了です。トップページに戻り、「Login」をクリックしてログインしてください。

KYC(本人確認)登録

bigerはKYC(本人確認)登録が必須です。
お持ちの身分証明証をご用意してください。(※パスポートor運転免許証)

1,ログインに成功すると、トップページメニューバーに登録電話番号が表示されます。タブを展開し「Security Setting」をクリックしてください。

2,セキュリティ設定ページが開くので、左メニューの「Verification」をクリックし、「Authenticate」をクリック。

3,本人確認画面が開くので、上から順に設定してください。

KYC登録方法

①タブを開き、国籍を設定してください。

②自身の名前を入力します。使用する身分証の記載に従って入力してください。

③タブを展開し、身分証明に使用するものを選択してください。

④身分証の番号を入力してください。

⑤身分証の顔写真が掲載されている面(ページ)を、スマートフォンなどで撮影しアップロードします。

⑥運転免許証の場合は裏面、パスポートの場合は表紙を撮影しアップロードしてください。

⑦使用した身分証の顔写真ページと、適当な紙に「biger 今日の年月日(例:2019/4/10)」を直筆で記入した用紙を手に持ち、自分の顔が映るよう撮影しアップロードしてください。

⑧最後に「OK」をクリックします。

身分証を撮影する際は必ず画面全体に身分証が入るように撮影してください。
端が切れていたり、光の反射などで文字が読めなくなっている場合は非承認になる場合もございます。

以上でKYC登録は完了です。認証に成功すると「Complete」となります。

またセキュリティ向上のために、Email設定などもしておきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。