JVCEA公表|リップル(XRP)の「現物保有額」がビットコイン(BTC)を上回る

JVCEA公表|リップル(XRP)の「現物保有額」がビットコイン(BTC)を上回る

仮想通貨の時価総額ランキングは依然として仮想通貨ビットコイン(BTC)がランクインしているが、日本のおける仮想通貨の保有量や取引量は意外なデータであった。

一般社団法人である日本仮想通貨協会(JVCEA)は20日、「2018年12月31日まで」の仮想通貨の保有量や取引量に関するデータを公開し、円建ての仮想通貨の保有額のデータにおいて仮想通貨リップル(XRP)がビットコイン(BTC)を上回っていることが明らかとなった

今回の仮想通貨に関する仮想通貨の「現物保有額」と「現物取引高」のデータの詳細は次のようになっている。

JVCEA(一般社団法人日本仮想通貨交換業会)の最近の動向について

2019.01.17

現物保有額

  • 1位:リップル(XRP)989億円
  • 2位:ビットコイン(BTC)656億円
  • 3位:イーサリアム(ETH)164億円
  • 4位:ビットコインキャッシュ(BCH)61億円
  • 5位:モナコイン(MONA)36億円
  • 6位:ライトコイン(LTC)14億円

現物保有額に関しては仮想通貨リップル(XRP)と仮想通貨ビットコインとの差は「333億円」と日本でのリップルの人気が示されるデータとなった。

また、現時点で時価総額2位の仮想通貨イーサリアムに関してはビットコインの「4分の1」の現物保有額となっているようだ。

現物取引高

  • 1位:ビットコイン(BTC)4051億円
  • 2位:リップル(XRP)3051億円
  • 3位:ビットコインキャッシュ(BCH)300億円
  • 4位:イーサリアム(ETH)213億円
  • 5位:モナコイン(MONA)76億円
  • 6位:イトコイン(LTC)5億円

しかし、「現物取引高」に関しはビットコインが4051億円と、リップルを大きく引き離している。

ですがリップルは3番目に現物取引高が多いビットコインキャッシュ(BCH)の10倍にもなるデータとなっており、リップルへの期待感とこれまでの人気が示される形となった。

日本仮想通貨交換協会(JVCEA)、5社を「第二種会員」に加入したと発表

2019.02.02

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。