仮想通貨取引所バイナンス、5つの仮想通貨を上場廃止に

仮想通貨取引所バイナンス、5つの仮想通貨を上場廃止に

世界トップの仮想通貨取引所であるBinenca(バイナンス)は15日、同プラットフォーム上の仮想通貨5つを上場廃止にすることを発表した

今回、上場廃止を発表された仮想通貨はイアkの5通貨である。

  • CloakCoin (CLOAK)
  • Modum (MOD)
  • SALT (SALT)
  • Substratum (SUB)
  • Wings (WINGS)

上場廃止になった理由

また同社は、今回発表した5つの仮想通貨の上場廃止理由を次の項目を踏まえ、説明している。

  • プロジェクトへのチームのコミットメント
  • 開発活動のレベルと質
  • ネットワーク/スマート契約の安定性
  • 広報のレベル
  • 定期的なデューデリジェンス要求への対応
  • 非倫理的/詐欺的行為の証拠
  • 健康で持続可能な暗号エコシステムへの貢献

「Binanceでは、リストにある各デジタル資産を定期的に見直して、それが期待する高水準の基準を満たし続けていることを確認します。コインやトークンがこの基準を満たさなくなった場合、または業界が変化した場合は、より詳細な検討を行い、それを却下する可能性があります。」

今後もこれらの条件に達しない仮想通貨の上場廃止は増加することが考えられる。また、今回の上場廃止通貨5つは2019年5月22日AM10:00(UTC)までサポートされるようだ。