金融ウェブサイト「ADVFN」のCEO、「1年以内に仮想通貨は再び急成長する」と発言

金融ウェブサイト「ADVFN」のCEO、「1年以内に仮想通貨は再び急成長する」と発言

これまで多くの仮想通貨に関する本の執筆や、ラジオ番組をはじめメディアのアナリストであり、金融市場のウェブサイトADVFNのCEOであるClem Chambers(クレム・チェンバース)氏はEveningStandardのインタビューに対して「ビットコイン(BTC)は1年後に再び急成長する」と言及した。

今回のインタビューで同氏は、ビットコインの急成長について次のように詳細と理由を説明している。

「2020年の来年中にBTCが再び好況を迎えることを期待している。特にブロックチェーン技術と仮想通貨ゲーム(dApps)はこれまでの歴史を変える技術として定着する。このような革新はonline / dotcomが最後の25年を定義したのと同じ方法で、今後25年を定義するであろう。」

さらに、同氏はインタビューのなかでは、「当初、保有していたほとんどのBitcoin(BTC)に1,000ドルから2,500ドルの投資をし、18,000ドルで売却した」と自身の投資能力をアピール、今後の仮想通貨の発展について前向きなようである。

また、ビットコインの現在のグラフやそのオブジェクトについて「槍の先端と氷山の先端」という言葉を使用して比較し、「どちらの場合も、これらのオブジェクトの右端にいることをあなたは望んでいません。それが実際に現れたとき間違ったポジションを選択しない事を望みます」と述べた。

同氏は最後に、フィンテックという分野において「多くの金融取引をより早く、より公平に、そしてより安価にするためにBitcoinなどの仮想通貨プロジェクトが存在している」と話し、仮想通貨という分野は金融市場において必要不可欠であると言及している。