BinanceのCEO、仮想通貨について「今年は修正の年」業界の将来に対しては前向き

BinanceのCEO、仮想通貨について「今年は修正の年」業界の将来に対しては前向き

12月29日、大手仮想通貨取引所BinanceのCEOであるZhaoChanpeng(CZ)氏がブルームバーグのインタビューに答え、仮想通貨の現状と将来について意見を述べた。

CZ氏は、2017年のビットコインの価格変動は極端であったとしながらも、業界は現在着実な修正段階に入っていると述べた。

現在も進行形で続く弱気な市場にもかかわらず、CZ氏は「仮想通貨の将来については確信がある」と前向きな姿勢を保ち続けている。

仮想通貨のプロジェクトは今後も発展を続け、主流の採用を促進するだろう。
様々なブロックチェーンでdAppsを開発することが、DLTとデジタル通貨の急速な普及にとって重要な要素となる可能性がある。

この産業は実際にアプリケーションを構築する人々によって成長するだろう。

さらに、現在の悲観的市場はBinanceの計画や長期的な戦略に影響は与えていないとも述べた。

Binannceは現在、大きな期待を集めている「DEX」の開始に向けて準備を進めている。
さらに年内にはシンガポールドルとのフィアット交換も開始される予定だ。

CZ氏は業界の規制についても意見を述べた。

私たちは明快さを求め、賢明な法的規制も求めています。
イノベーションを妨げるものではなく、イノベーションを促進する規制を求めているのです。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。