取引所Kraken(クラーケン)、ビットコインSV(BSV)のサポートを発表

ビットコイン(BTC)の下落の要因となった、ビットコインキャシュ(BCH)のハードフォークは、結果的にBitcoinABC(ビットコインABC/BCHABC)と、BitcoinSV(ビットコインSV/BCHSV)の、2つのチェーンに分かれ形でハードフォーク戦争が終わりを迎えた。

ビットコインABCは、アップグレードとして追加的なコードを追加し、ビットコインSVは、ブロックサイズを32MBから128MBへと拡張。両方ともにアップグレードを進めている状況だ。

ビットコイン大暴落の要因|安値更新で高まる不安

2018.11.15

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークはどうなったのか?|2つのチェーンに分裂!?

2018.11.16

クラーケンはビットコインSVのサポートを開始

 

そして19日、米国の大手仮想通貨取引所「Kraken(クラーケン)」は、ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークで分裂した2通貨の両方をサポートすることを、どプラットフォームのブログにて発表した。また、ビットコインSVの取引ペアは次のようになっている。

  • BSV / BTC
  • BSV / USD
  • BSV / EUR

取引所クラーケンはBCHのハードフォークが行われる以前の10日、ブログにてビットコインABCのみ、サポートをすることを次のように発表していた。

Krakenはbitcoinash.orgによって発行されたBitcoin Cashアップグレードロードマップに従うBitcoin ABCのみをサポートします。

また、ビットコインABCのトークンは、取引所クラーケンにて「BitcoinCash(BCH)」として表記されているが、ビットコインSVに関しては、「BitcoinSV(BSV)」という名称で同取引所はサポートしているようだ。

しかし、クラーケンはブログの中でビットコインSVについて「警告」と題した表記をし、「ビットコインSVは、クラーケンでのトークン取り扱いや、上場に対する要件を満たしていない。ビットコインSVには、非常に高いリスクの投資と見なされるべきです。」と述べている。

 

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。