ベネズエラの国営仮想通貨ペトロが11月5日に公開販売開始

10月1日、ベネズエラ大統領ニコラス・マドゥロ氏がテレビ放送で、ペトロの公開販売を11月5日に開始することを発表した。
またペトロは世界6つの取引所で交換が可能になるという。

テレビ放送内でマドゥロ大統領は次のように述べた。

あなたがビットコイン、イーサリアムを持っていれば、ペトロを購入することができます。
そして、11月5日からペトロは、ベネズエラ国民にソブリンボリバルで販売を開始する予定だ。

ペトロは南米諸国の膨大な石油資源によって裏付けされていると言われてきたが、更新されたホワイトペーパーでは「アルミニウム」「ダイヤモンド」「金」「鉄」などの天然資源も様々な割合でペトロの価値を裏付けていると認めている。
しかし、石油で価値が裏付けされているということに関して「油田など無かった」「腐敗した政権の詐欺行為」など世界中のメディアで様々な報道がされている。

現在ベネズエラ政府は、宿泊や航空券、不動産などの商品やサービスの支払いにペトロの使用が可能であることを発表している。

ユーザー間で仮想通貨の直接取引が出来るサイト「Local Bitcoins」の取引量が、ベネズエラで急増

2018.09.17