【仮想通貨】Steem(STEEM / スチーム)詳細・特徴

STEEM(スチーム)とは?

Steem(スチーム)は、ブロックチェーン上で作られたソーシャルメディア(SNS)プラットフォームです。

プラットフォームである「steemit.com」は実際に登録することができ、誰でも登録することが可能です。

現在、TwitterやFacebookなどのSNSは、投稿をしても報酬をもらうことはできず、払うこともできません。

しかし、Steemはプラットフォーム内で3種類の通貨を使用し、記事やコンテンツに対する報酬制度を搭載しています。

これにより、より良い情報を提供したユーザには報酬が与えられ、大き報酬をもらっている記事やコンテンツを見ることにより、正しい情報を手に入れることができます。

さらに、投稿した記事や画像などのデータは、ブロックチェーン上に保管されるため、改ざんやハッキングされる心配もありません。

STEEM(スチーム)基本情報

STEEM(スチーム)特徴・詳細

スマートメディアトークン

スマートメディアトークンとは、Steemソーシャルメディアプラットフォーム「steemit.com」で使用することができる3つの通貨です。

STEEMでは通貨の価値を保つために3種類の通貨を発行しており、相場の急な暴落が起こらないようにしています。

さらに、短期的な投資目的でSTEEMを大量購入・売却するのを防ぎ、ユーザーや投資家の長期的な投資を促しています。

  • Steem
  • Steem Power(SP)
  • Steem Dollars(SD)

この3通貨はそれぞれの特徴があり、ベース通貨ですがSteemは発行上限が決まっていません。

Steem Power、Steem Dollarsはプラットフォームを使用する際に必要となり、報酬を受け取る際にはSPが50%・SDが50%となっています。

Steem

Steemit.comのベース通貨であり、取引所などで取引ができる通貨です。

取引所でビットコインやイーサリアムなどの暗号通貨と交換する際に使用し、実際に取引所で売買することができます。

毎日0.19%(毎年100%)新規発行されるため、高いインフレが起こり長期的に保有することには向いていません。

ですが、SPとSBDを活用することで大幅な価格の下落を防ぐことができます。

Steem Power(SP)

Steemit.comで使うことができる通貨で、Steemit.comのサイトに登録・作成する際にもらうことができます。

Steem Power(SP)を保有していることでユーザーは、保有量に応じたコンテンツ投票権が与えられます。

さらに、保有量に対して金利がつき、長期保有する際にはSPを保有しておくことがおすすめとされています。

主な使い方としては、記事やコンテンツを作成することによりSPを報酬として受け取れ、自分がいいと思った記事やコンテンツに関してはSPを報酬として投票することができます。

しかし、SPは送金することができないため、送金する際にはSteemに交換する必要があります。

Steem Dollars(SD)

Steem Dollars(SD)はSTEEMと交換が可能です。

また特徴としては、SPはドルと同じ価値に調整されており、取引量に応じて利息がもらえるため長期保有に向いており、現金化することもできます。

冒頭で説明したように報酬はSPとSD50%ずつで支払われますが、SPはSTEEMへ交換する際にかなりの時間を要します。

ですので、現金化したい場合はSDを使用する必要があります。

また、Steemとの交換には制限がなく、Steemit.comプラットフォーム内にある分散型の取引所で売買することができます。

STEEM(スチーム)取り扱いおすすめ取引所

 Binance

  • 主な取り扱い通貨 : BTC・ETHをはじめとする70種類以上
  • 手数料      : 0.1%~0.05%
  • セキュリティ   :★★★★☆

【仮想通貨取引所】Binanceの特徴・詳細

2018.03.19

中国の大手仮想通貨取引所で、取引量は世界でも1.2位を争うほどの人気です。中国の取引所なので中国系の仮想通貨を多く取り揃えていますが、仮想通貨先進国の日本で人気の仮想通貨も多く取り揃えています。取扱種類は70種類を超えると言われています。

最大の特徴は、取引手数料がBNB(バイナンストークン)を使用して取引を行うと、手数料が0.1%から半額の0.05%になります。仮想通貨取引での0.05%は非常に安く人気の理由のひとつです。

Binanceは人気の仮想通貨をいちはやく取り入れるため、Binanceをチェックすることで、どの仮想通貨が今人気なのかを知ることができます。さらに、公式の発表で全てのハードフォークに対応することを公表しており、BTCをBinance内で持っているだけでハードフォークコインが付与されます。

Huobi

  • 主な取り扱い通貨 : BTC・ETHをはじめとする88種類以上
  • 取引手数料    : 0.2%
  • セキュリティ   : ★★★★☆

【仮想通貨取引所】Huobiの特徴・詳細

2018.04.17

Huobi(フオビ)は香港に拠点を置く仮想通貨取引所であり、現在の取引高が第5位と多くのユーザーに使用されています。

現在は提携は解消されていますが、日本の大手金融機関であるSBIホールディングスと以前まで提携していました。しかし、取引所のサポートも日本語対応が開始されているので、日本人と関わりが深い取引所として注目の取引所となっています。

Huobi取引所は独自トークンである「Huobi Token(HT)」を発行したことになり話題となっています。

The following two tabs change content below.

nextmoney

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。