【仮想通貨用語集】『ソフトフォーク』とは?

仮想通貨における『ソフトフォーク』とは?

ソフトフォークとはよく前方・後方互換性があるアップデートと言われます。つまり、ソフトフォークによるルール変更では、アップデート前のプロトコルでもアップデート後のプロトコルでも互換性があるということです。

なので、アップデートしていないノードもアップデート後のトランザクションの検証および承認を行うことができます。しかし、アップデート前のブロックはブロックチェーンに追加することはできません。

つまり、ソフトフォークが実施された後、アップデートをしていないマイナーが生成したブロックはブロックチェーンに追加されることはないのです。ソフトフォーク実施後は、最新版のブロックのみが追加されていき、旧版のルールに従っているブロックは追加できません。なので、ソフトフォーク後の新ブロックチェーンだけが伸びていくことになります。

『ソフトフォーク』の使用例

ソフトフォークの例 ⇒ 「P2SH」「Segwit」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)