【仮想通貨用語集】『スケーラビリティ問題』とは?

仮想通貨における『スケーラビリティ問題』とは?

ブロックチェーンの「ブロック」には取引の記録が書き込まれていき、それは約10分ごとに新しいブロックが生成されていきます。

ネット上のものやパソコンのハードディスクなどに「容量」と呼ばれるデータをどれだけ保存できるかの大きさが存在するように、ブロックチェーンの「ブロック」にも書き込めるサイズが決まっており、データ容量というものが存在します。

ビットコインのブロックサイズは1MBと決まっており、データの処理速度がその他決済システムと比べると非常に遅くなっています。

クレジットカードと比べるとその処理速度は20分の1以下という非常に遅い速度です。

現在ではビットコインの流通量から大きな問題にはなっておりませんが、これから世界中で更にビットコインが通貨として使用された場合にデータの処理が追い付かなくなってしまうと問題視されています。

この問題こそがスケーラビリティ問題です。

『スケーラビリティ問題』の使用例

スケーラビリティ問題を解決するためにSegwitを導入する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)