【仮想通貨用語集】『シュノア署名』とは?

仮想通貨における『シュノア署名』とは?

シュノア署名とは1989年ごろにC.P.Schnorr氏により発明されました。

しかしながら発明と時を同じくしてアメリカ国立標準技術研究所 (NIST) により DSA が提唱されたことや、 2008年まで Schnorr自身の取得した特許により保護されており自由に利用できなかったなどの政治的な理由であまり利用されて来ませんでした。

理論的側面だけに注目すると他のどの電子署名方式と比較しても計算が単純で分かりやすく、 またセキュリティ的な根拠もしっかりしていることなどから近年注目を集めています。

ビットコインにSegwitが導入され、次に期待されたいる技術がシュノア署名という新しい署名方式なります。

『シュノア署名』の使用例

シュノア署名の導入で取引スピードや取引データがコンパクトにすることが可能になる。