【仮想通貨用語集】『アトミックスワップ』とは?

仮想通貨における『アトミックスワップ』とは?

アトミックスワップ(Atomic swaps)とは、取引所や信用できる第3者を介さずに、種類の異なる仮想通貨と仮想通貨を持ち逃げされる心配がなく安心して交換できる技術です。

例として、Aが1BTC所有しており100LTC交換したいと思っています。そして、Bが100LTCを所有し1BTC交換したいと思っています。この様に、双方の需要と供給の意見が合えばアトミックスワップを使用することで、個人間で限られた異なる仮想通貨を交換することが可能になります。

この様に、異なる仮想通貨を取引所や第3者を介さずに取引が行えるため、ハッキングやGOX(取引所や第三者における持ち逃げ)の心配がなくなります。

しかし、その反面、取引時間がかかることや、取引手数料がかかること、限られた通貨でしか取引できないなど、未だ改善点は多くあります。

『アトミックスワップ』の使用例

ライトコインがアトミックスワップを実装した。

アトミックスワップを使用して個人間の送金をする。

 

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。