【仮想通貨用語集】『ソフトフォーク』とは?

仮想通貨における『ソフトフォーク』とは?

ソフトフォークとはよく前方・後方互換性があるアップデートと言われます。つまり、ソフトフォークによるルール変更では、アップデート前のプロトコルでもアップデート後のプロトコルでも互換性があるということです。

なので、アップデートしていないノードもアップデート後のトランザクションの検証および承認を行うことができます。しかし、アップデート前のブロックはブロックチェーンに追加することはできません。

つまり、ソフトフォークが実施された後、アップデートをしていないマイナーが生成したブロックはブロックチェーンに追加されることはないのです。ソフトフォーク実施後は、最新版のブロックのみが追加されていき、旧版のルールに従っているブロックは追加できません。なので、ソフトフォーク後の新ブロックチェーンだけが伸びていくことになります。

『ソフトフォーク』の使用例

ソフトフォークの例 ⇒ 「P2SH」「Segwit」

この記事のURLをコピーする

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。