FCcoinJPの取引手数料返還|サービス開始後5時間で1705億円を突破!

近日、FcoinJPは仮想通貨業界を沸騰させている。日本でサービスを開始した直後、その独特な「取引手数料返還」のシステムによって、わずか5時間以内に取引総額が1705億を突破した。

FCcoinJPの「取引手数料返還」システムは、取引開始後の三日目に正式的に導入されたわけだが、FCcoinJPプラットフォームは毎日2000万個のFCFcoinJPのコイン名)をユーザーに返還していた。なお配当額は、ユーザーの取引額が総取引額に占める割合によって決められている。

公式的な説明を参考にすると、例えば、取引総額が100万、ユーザーの取引額が5万の場合、ユーザーの取引額が全体の5%を占めており、従って追加配当分100FJを得ることができると言う。また第一期の例を参考にすると、マイニングによる総量が100btc、うちユーザーが5btcを貢献した場合、全体の5%を占めているため、通常のマイニングによる収益に加えて、その当日の追加配当分2000FJ5%、つまり100FJを獲得することができるのである。

上述したように、「取引手数料返還」というFCcoinJP独特な配当システムによって、仮にユーザーに1btcの手数料収益が発生した場合、2日目には1.2btcに相当するFJが配当されることになっている。

FCcoinJPの安定した収益が発生する配当システムは、当然、価値と価格の暴騰を招く。その連日の急騰ぶりを見ると、取引開始直後にはすでに8倍へと暴騰しており、そのまま上昇し続けると、二日目には約10倍の利益を得る計算となる。

今現在、仮想通貨の価値が全体的に下落している状況の中で、誰しも「仮想通貨の冬季」が訪れ、かつての栄冠を再び取り戻すことは至難の業だと考えていた。しかし、FJの連日の暴騰、取引開始後のわずか19時間で800%上昇などの現象を見ると、現在、仮想通貨の業界で、確実に「何かが起きている」ことは間違いないだろう。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。