Huobiの日本居住者向けサービスが停止

中国大手仮想通貨取引所のHuobi proは、メールにて日本のユーザーに対し、日本の法律に基づき、日本居住者向けに提供していた仮想通貨交換サービスを停止する方針であることを報告した。

7月2日付けでホームページより日本語ページの削除、及び日本居住者向けサービスを停止。
サービス停止に関しては、詳細が決まり次第連絡をすると報告した。

今年3月にはBINANCEもHPに日本語ページを掲載していたため、金融庁より警告を受けたという事例があります。
BINANCEから日本語ページは消えたものの、取引には影響はありませんでした。

Huobiの場合もHPに日本語ページが掲載されていたため、このような対応になったのかと思われます。

現時点ではメールでの発表のみで、HPやTwitterでの報告は確認出来ません。

運営の見解

運営の堀口
HITBTCに続き、Huobiまでこの状況です。

日本ごの翻訳ページを載せなければ良かったんですがね、バイナンスはうまくかわしましたが、Huobiにとっては痛いダーメージかなと思います。素晴らしいサービスの取引所なので今後も応援はしています。

現状は、バイナンス、OK、bibox辺りで取引などしていくのがベターだと思います。取引所トークン加熱が一旦終息してきたので、そろそろDEXがはやってくるかなとは思います。

coinbaseもdex買収しましたし、バイナンスも開発中です。DEXも今のうちから知識を入れておくといいのではないかと思います。

この記事のURLをコピーする

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。