メッセージアプリWeChatがデジタル人民元の支払いをサポート

WeChatがデジタル元決済を採用

中国のCBDC(中央銀行発行デジタル通貨)デジタル人民元は、中国内最大のメッセージングアプリWeChat(中国名:微信、=Wēixìn)によるWeChatPay(微信支付)に搭載されていることが分かった。

中国現地メディアによると、主要メッセージアプリのWeChatPayは、デジタル人民元(e-CNY)のサポートを開始すると報じている。同アプリには10億人以上のユーザーがおり、このイニシアチブはデジタル元の分配を大幅に増やす可能性があるとみられている。

CNBCレポートによると、多目的メッセージングおよびモバイル決済アプリであるWeChat Payは、デジタル人民元決済のサポートを開始するとのこと。同社のアクティブユーザー数は約12億人であるため、同社の動きにより、デジたアル人民元を利用する市民の数が急速に増加すると予想される。また、中国におけるWeChatの主要ライバルであるアリババ(阿里巴巴集团)が運営するAlipay(アリペイ、中国名:支付宝)も、デジタル人民元の決済に焦点を合わせている。2021年、同社は、採用の可能性を探る試験を開始している。

この件について、コンサルタント業を手掛けるTriviumChinaのアナリストであるリン・バオ(Linghao Bao)氏は、中国消費者は2つの企業に熱心に取り組んでいるため、新しいモバイル決済アプリに切り替えることを確信できないと述べ、次のように結論づけている。

したがって、中央銀行が独自に行うのではなく、WeChatPayおよびAlipayと提携することは理にかなっています。


デジタル人民元は北京オリンピックを焦点か

中国のCBDCの使用が拡大する可能性が指摘されているのは、北京冬季オリンピックの開始のわずか数週間前である。

当局はすでに、スポーツイベント中にアスリートや外国人訪問者が金融商品を使用できるようにする可能性があることを発表している。中国人民銀行は、過去数カ月の間に何度もデジタル人民元を宣伝しようとしてきたものの、これらの努力に続き、政府関係機関は2021年11月にデジタル人民元ウォレットを開いた個人の数が1億4,000万件に達したと報告している。現地デジタル通貨研究所は、全国のiOSストアとAndroidストアで「e-CNY(パイロットバージョン)」アプリ(中国のCBDC用のモバイルウォレット)をリリース。この開発により、ローカルユーザーはそれをダウンロードして、デジタル人民元とその流通サービスのパイロットトライアルを実施できるようになった。同イニシアチブは上海で最初に利用可能になったが、引き続き最も人口の多い他の地域に一気に広がっていった。

なお、同研究所は、この機能がまだ研究開発モードにあり、デジタル人民元パイロット版は、国内の大手銀行など、デジタル人民元サービスを提供する機関を経由して認定ユーザーのみがアクセスできる状態にある。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。