NOMURA:インドの詐欺師が違法仮想通貨取引の勧誘で社名を無断使用

NOMURAの社名を詐欺師が無断使用

NOMURAは11月29日(月曜日)、外国企業の一部であると主張する特定団体および人物が、Whatsappグループを含むインドのオンラインプラットフォームを通じて仮想通貨またはその派生商品の取引に関するサービスを違法に勧誘していると述べた。

NOMURAは無断で社名を使用されている件に関して、声明の中で次のように語っている。

私たちが入手できる限られた情報に基づいて、NOMURAの一部であると自称する個人または団体によって行われている活動は違法かつ詐欺的であり、NOMURAの信用と評判を著しく損ない、傷つけています。これらの活動は、必要な措置のために関係当局に報告されています。


NOMURAによる注意と警告

NOMURAは投資家に対し、この問題について慎重かつ警戒し、NOMURAになりすました不謹慎な詐欺事業体に注意するよう求めた。

さらに同社は、NOMURAに関する未承諾の連絡を受け取った場合は、フィードバックリンク『 https://www.nomuraholdings.com/cgi-bin/feedback.cgi 』から同社へ直接連絡し、連絡の内容を認証することをお勧めている。また、個人が取引の正当性を確認せずに支払いをしたり、未知のエンティティに個人情報やデータを提供したりしないことが推奨されていると述べた。さらに、疑わしいサイトへのリンクまたは添付ファイルを開くと、ウィルス感染の試みにつながる可能性があるため、疑わしいメールやテキストに返信したり、この問題に関するサイトリンクや添付ファイルを開いたりしないように警告した。

野村はすでに投資家に同様の内部警告を公表しており、29日のリリースはより多くの人々に警告することを目的として公表に踏み切ったという。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。