DashがマイアミでDashDirectの途方もない広告キャンペーンを開始

Dashがマイアミで大規模広告キャンペーンを展開

ビットコインプロトコルから分岐したオープンソースの仮想通貨であるダッシュ(Dash/DASH)は、マイアミでDashDirectの大規模広告キャンペーンを開始した事が分かった。

ダッシュチームによると、メディアキャンペーンは11月19日(金曜日)に開始。しかし、ライドシェア(※1)車両の分散性のため、カートッパーがすべて一度に展開されたわけではない。

(※1)ライドシェアとは…
Ride=乗る+Share=共有から来た新造語で、相乗りを意味しており、「ドライバー」と「同じ目的地に移動したい人」をマッチングし、相乗りでの乗車を言う。

さらに、同社は、車両ではなくインプレッションで購入しており、トッパーを搭載する車の数については詳細を明らかにしておらず、マイアミでの現在の広告キャンペーンは、合計9,000,000回の広告インプレッションとのこと。

Dash CoreGroupのマーケティング責任者であるアーデン・ゴールドスタイン(Arden Goldstein)氏は、DashDirect広告キャンペーンにマイアミを選んだ理由を次のように説明した。

マイアミは、ダッシュにとってすべての世界で最高のものです。市自体は仮想通貨への歓迎的なアプローチを持っており、実際の仮想通貨ユーティリティに関しては革新の最前線にいます。ダッシュはペイメントコインであるため、デジタルペイメントオプションにすでに慣れている都市内の教育を受けた消費者ベースに売り込むことは理にかなっています。さらに、DashはLatAmの主要コインであり、送金のためのDashに精通している大規模なLatAmの元パット人口と一致しています。私たちは、ダッシュが使われることを意図しているというメッセージを強化しています。


デジタル資産とは一線を画す方法を模索するDash

ゴールドスタイン氏は、同社がライドシェア広告会社であるVUGOを使用してDashDirectを宣伝することを決定した理由を強調しており、Dashが多くの仮想通貨の初の転換点であったため、他のデジタル資産とは一線を画す方法を模索していることを強調した。

さらに拡張すると、CrayPayと一緒に作成された小売アプリであるDashDirectは、ユーザーに低料金、節約、即時取引をもたらす方法の完璧な例であると同氏は述べた。VUGOは、このホリデーシーズンに広告の乱雑さを切り抜ける方法で、看板を動かして自分たちを売り込むことで、Dashにユニークな機会を提供すると語っている。CrayPayのCEOでDashDirectの創設者であるマーシャル・グリーンヴァルト(Marshall Greenwald)氏も、仮想通貨ユーザーがブラックフライデーとCrayPayの販売にDashDirectの使用を検討すべき理由についても説明し、次のように語った。

現在の大幅なインフレにより、消費者は、愛する人のことを考えていることを示しながら、コストを削減する方法を模索しています。DashDirectを使用すると、数百のナショナルブランドでデジタルギフトカードを購入し、電子メールで即座に配信でき、同時に平均5%の節約になります。あなたの家の快適さと安全性を離れることなく、あなたはあなたのリストのすべての人のために買い物ができ、そして彼らが今年感謝して使うと知っているデジタルギフトカードでお金を節約できます。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。