ビットコインコミュニティサイトであるBitcoin.orgがハッキング被害:ハッカーは景品詐欺を展開

ビットコインコミュニティサイトBitcoin.orgがハッキング被害

ビットコインコミュニティサイトであるBitcoin.orgが9月23日(木曜日)、ハッキングされ、ビットコイン景品詐欺を実行されていたことが分かった。

Bitcoin.orgで23日、ハッキング被害が発生し、ハッカーは、ユーザーが指定されたアドレスに送信するビットコイン(Bitcoin/BTC)の2倍の量を返すことを約束するBTC景品詐欺を実行した。詐欺師はウェブサイトが削除される直前までにハッカーは17,764ドル(約約200万円)をだまし取っており、現時点ではオフラインになり、アクセスできなくなっている。

日本語訳)
Bitcoin.orgは侵害されました。現在、ハッカーがサイトに詐欺モーダルをどのように配置しているかを調査しており、数日間ダウンする可能性があります。

「CØbra(コブラ)」と名乗るTwitterアカウントによると、同ウェブサイトが数日間オフラインのままになる可能性があると主張している。また、@CØbraは、ウェブホスティングのためのCloudflareへの最近の変更のセキュリティ違反を非難し、ウェブインフラストラクチャープロバイダーから、ある種の失効があったとして次のようにツイートした。

日本語訳)
Bitcoin.orgがハッキングされたことはありません。Cloudflareに移動し、2カ月後にハッキングされています。私のトラフィックをどこにルーティングしていたのか説明してもらえますか?私の実際のサーバーはハッキング中にトラフィックを取得しなかったためです。

ビットコイン景品詐欺

ビットコイン景品詐欺は、誰かのウォレットを突破する必要なく、迅速にお金を奪取できるため、ハッカーら犯罪者の間で非常に人気の犯罪手法である。

2020年、有名人、インフルエンサー、政治家のTwitterハンドルがハッキングされ、同様のビットコインプレゼント詐欺が実行され、ツイートがあった数分以内に数十万ドルを吸い上げている。犯人は後に逮捕されたものの、同犯罪は、仮想通貨ユーザーらが明白な詐欺にどのように陥っているのかを浮き彫りにした。ただし、幸いなことにビットコイン価格はBitcoin.orgハッキングの影響を受けていない。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。