Terra競合他社であるKavaが1億8500万ドルの資金でDeFiを拡大へ

Kava Labsがイグニッション基金を発表

仮想通貨エコシステムおよび金融アプリケーションサービスを提供するKava Labsは、新しいイグニッション基金でDeFiエコシステムを成長させることを計画していることが分かった。

Kava Labsは、DeFiエコシステムの成長を促進するために1億8500万ドル(約203億円)のイグニッション基金(IgnitionFund)を割り当てた。

Kava Labsは9月21日(火曜日)、プラットフォーム上の新しいDeFiプロトコルに資金を提供するための新基金を発表した。1億8500万ドルの基金は、Kavaの上に構築するために慎重に精査されたプロジェクトを加速することを目的としているとのこと。同チームは、選択されたプロジェクトは、ネットワークの成長するエコシステムと「機関グレードのセキュリティ」から恩恵を受けると述べており、イグニッション基金の目的について、Kava Labsのスコット・スチュアート(Scott Stuart)CEO(最高経営責任者)は次のように述べた。

現在、DeFiには、アーリーアダプターと未開発の主流との間のギャップを埋める最初の機会となる大きなチャンスがあります。イグニッション基金(の使命)は、Kavaを最初にそこに連れて行くことです。


まもなくKavaからUSDCやETH預金が登場

Cosmos SDKベースのスマートコントラクトネットワークであるKavaは、クロスチェーン分散型ファイナンス(DeFi)サービスの流動性ハブのように機能する。これは、TerraThorchainAkashNetSecret NetworkIrisNetなどのプロジェクトと並ぶCosmosエコシステムのトップブロックチェーンの1つである。

現在、Kavaは、分散型マネーマーケットのハードプロトコル、自動マーケットメーカーのKavaSwap、USDXと呼ばれるネイティブの分散型ステーブルコインなどのさまざまなdAppをホストしている。

バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)などの非ネイティブ資産もKavaでトークン化されており、USDコイン(USD Coin/USDC)およびイーサリアム(Ethereum/ETH)の預金がまもなく登場する予定だ。先週、Kavaネットワークの運用資産(AUM)は、流動性を提供することでユーザーに報酬を与えるDEX(分散型仮想通貨取引所)KavaSwapの最近のリリースにより、20億ドル(約2,196億円)を超えるまで増加した。新プロジェクトに資金を提供することで、イグニッション基金はこの統計をさらに高めるのに役立つ可能性がある。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。